1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2024年06月14日09時48分取得:
fx_0614

nikkei_0614

bitcoin_0614
やる夫今日のポイント:
米国市場
・米PPIはインフレ鈍化を示すもドル買いが優勢
・失業保険も悪化
・FOMC声明、パウエルFRB議長発言など支えか

イエレン米財務長官
・労働市場は今やパンデミック前と似た状況
・賃金は今のところインフレを加速させる要因にはなっていない
・残存するインフレの相当部分は、住宅コストが通常水準に徐々に戻っていることを反映

欧州市場
・特に目立った材料はなし
・政治的なトラブルで市場に影響がでないか注目中

日本市場
・深夜帯に円の買い戻しの動き
・特に材料はなく本日の日銀金融政策決定会合に向けての調整か


仮想通貨市場
・全体的にジリジリ下落中
・暫く弱そうなところがあるのでショート続行か

原油、金市場
・サウジ、ロシアのけん制による上昇も一服
・IEA報告、EIA週報、FRB対応などによる価格下落圧力が強めに

特に重要なイベントは赤字で表示
12時前後(11時30分~12時30分あたりを警戒) 日)日銀金融政策決定会合
13時30分 日)4月第三次産業活動指数、4月鉱工業生産(確報値)、4月設備稼働率
15時30分 日)植田日銀総裁定例記者会見
前回発言(6月時点):先行きわれわれの見通しに沿って基調的な物価上昇率が高まっていけば、金融緩和度合いを調整していくことになる
15時00分 欧)5月スウェーデンCPI
15時45分 仏)5月CPI(改定値)
16時35分 欧)バスレ・スロベニア中銀総裁 講演
前回発言(昨日):ディスインフレ過程が鈍化するリスクある
18時00分 欧)4月貿易収支
18時00分 欧)レーンECB専務理事兼チーフエコノミスト 講演
前回発言(一昨日):ECBの追加利下げ、不確実性後退まで待つべき
21時30分 加)4月製造業出荷、4月卸売売上高
21時30分 米)5月輸入物価指数
21時30分 米)メスター・クリーブランド連銀総裁(投票権あり) 講演
前回発言(5月時点):米金利維持が物価目標達成につながる
22時35分 欧)カザークス・ラトビア中銀総裁 講演
前回発言(一昨日):ECBは漸進的な利下げを、インフレ再燃警戒
23時00分 米)6月ミシガン消費者態度指数
25時00分 露)1-3月期GDP(確報値)、5月CPI
26時30分 欧)ラガルドECB総裁 講演
前回発言(6月時点、量が多いので記事先にて):【為替相場】ドル円は雇用統計前で大きめのボラでレンジ圏か 米経済指標悪化で利下げ期待は高まる 金、原油続伸
27時00分 米)グールズビー・シカゴ連銀総裁(投票権なし) 講演
前回発言(5月時点):インフレ面での進展が失速している証拠はあまりない

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 待ちに待った日銀金融政策決定会合の発表だお。
 市場予想は金利据え置き、もしかすると国債買い入れ額の減額など政策に多少変化が現れるかも?という程度。
 こちらで国債買い入れ額の減額なども特になく現状維持となった場合はさらに円安が進むかもしれないお。
 発表は12時付近なので、そのあたりで円を触っている場合は大きな動きに要注意。
 もしサプライズ利上げ(ないと思うけれど)があった場合は一気に円高に動く可能性があるお。


 米国市場ではPPIや雇用も悪化。
 ただドル売りは思ったように進まず、強い動きをキープしていたお。
 やはりもう一段階利下げが確実視されるような材料が必要なのかなと。
 パウエルFRB議長発言にもあった中立金利が引き上げられる予想も重し。
 今後ドル円レートが以前のような為替水準に戻るのは難しくなっていると感じるお。


 欧州市場は利下げけん制が多め。
 ただ政治的な懸念もあったりとユーロがあまり安定していないお。
 そこまで極端に弱くなっているというわけではないものの、以前のようにガッツリユーロ円ロング追いかけができるかどうかは日銀の対応次第かなと思うところ。
 日銀の対応が微妙な場合はユーロドルのほうが狙い安いかもしれないお。


 仮想通貨はここ最近ジリジリと値をさげてきているお。
 先週末くらいから書いていたけれど、少しの間ショート目線で狙っていくのもありかなと。
 今のところ特に目立った材料はなしだお。
pc




やる夫より:ニュース速報TwitterList、情報収集先などの記事だお
やる夫の投資情報収集先あれこれ(2024年05月19日update)
管理人のTwitterでも相場に関して出来る限りお答えしますとのこと
現在xmにてトレードキャンペーンとのこと、賞金もありみたいだお



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 おはようございます。


 昨日深夜帯に何らかのリークが出ないかと追いかけていたが、特にこれといった材料は見当たらなかったな。
 俺も恐らくサプライズはなしで、政策を少し変更する姿勢を見せるくらいにとどまるのではと思っている。


 原油市場は反転して下げ方向に。
 今のところ原油需要がピークアウトしている点が価格の押し下げ材料となっているな。
 夏は需要が増えるというレポートもあったが、既に織り込み済みだと思われるので、産油国から何らかの材料が出て来たり米国が利下げに踏み切らない限り上値は重そうだ。
 金市場も同様に底堅いが上値も重い展開が続いている。


 日本株は微妙なところだな。
 先日から続いているトヨタの不祥事などで株価は押し下げられ気味。
 本日の日銀金融政策決定会合もどうなるか注目されているな。
 そこまで急落しそうだという雰囲気もないが、4万円を再度目指せるほどの強さもあまり見られない。
 今後の経済成長がうまくいくかどうか次第だな。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です





ドル円「日銀会合後の値動き」過去の傾向 📝メモ
・日銀会合後 ほぼ円安(ドル円上昇)
・はっきりと円高(ドル円下落)に振れたのは24年1月のみ


トヨタ -1.5%「崖っぷち。200日線」円安なのに:;(∩´﹏`∩);:
不正問題もあり、自動車セクター全体弱い
想定為替レート ドル円145円(自動車セクター140円前半)
現状  157円


【Dealer's Voice】
🇯🇵植田日銀総裁が就任してからの日銀金融政策決定会合、9会合すべてドル円は日足上昇していたようです


・ドル指数は0.49%高の105.20
・米PPIが予想に反し下げに転じたものの、FOMCで示されたタカ派的なトーンが材料視された模様
・よりハト派的な各国中銀と対照的なFRBの政策が引き続きドルの下支え要因となる可能性が高いとの見方も


✦ドル円
・米PPIが前日の米CPIに続きインフレ鈍化を示し、「ドル売り」で反応し、ドル円は一時156.60円近辺まで急落
・しかし、動きが一巡すると下値での押し目買いも出てPPI発表前の水準に戻す展開


【周辺市場】
ダウ平均 38647.10(-65.11)
CME日経 38615(大証比:-105)
・ダウ平均は序盤、300ドル超下落するも、後半に下げを取り戻し、小幅に3日続落
・一方、IT・ハイテク株は底堅く推移し、ナスダックは上昇


✦米10年債 4.246(-0.070)
・米PPIが前日の米CPIに引き続きインフレ鈍化を示し、利回りは低下
・更に30年債入札が、最高落札利回りが発行日前利回り(WI)を下回り、利回りは下げ幅を拡大


✦NY原油先物=78.62(+0.12)
・米新規失業保険申請件数の増加や米PPIの鈍化を手がかりに米利下げ開始期待が強まったことが相場を支援
・米金融緩和が始まり、高水準の金利負担が和らぐと、米景気悪化懸念が後退を期待


【通貨間の強弱】24.06.13(木)
ドル⇒ポンド⇒円⇒豪ドル⇒ユーロ
✦東京:日経−156⤵️の中、「ドル買い」&「円売り」優勢
✦欧州:「ドル買い」継続の一方、「円買い」戻し
✦NY:米指標を受け「ドル売り」戻しも続かず、再度「ドル買い」優勢。一方、「ユーロ売り」優勢


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




会合後はほぼドル円上昇。
狙ってみるのもありかも?
yaruo_fuun
 今までの傾向だと「アナリストの発表で散々日銀の政策変更懸念が高まってからの、実は特に大きな変更はなし」で円安ってのが多かったかな。(ここでは毎回「そんなに警戒をするような経済指標ではない」と反論していた)
 今回はそこまでアナリストが警戒発言をしまくっていないので、円安に振れると断定するには注意が必要かなと俺は思う。
 俺は発表を見てからエントリーしたいな。










現在よく読まれている記事: