1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2024年05月10日11時19分取得:
fx_0510

nikkei_0510
やる夫今日のポイント:
米国市場
デーリー・サンフランシスコ連銀総裁
・インフレは波乱含み
・今後数カ月のインフレはかなり不透明
・雇用とインフレ目標に対するリスクは均衡
・労働市場が心配な状況に近づいている証拠はない
・政策は制限的であり、インフレ低下にはさらに時間がかかる可能性
・ゴールポストは変えない2%がインフレ目標
・労働市場が低迷すれば、金利調整を考えるだろう

新規失業保険申請件数が悪化
・ただし大幅に悪いという数字ではない

欧州市場
デギンドスECB副総裁
・6月に予定されている利下げ後の動向については明言しない
・われわれは6月の決定について、非常に明確かつ透明性を持っている。その後はデータ次第であり、いかなる道筋にもコミットしたくない

英国市場
ピルMPC委員
・今後数回の会合で金利を動かすことを検討
・インフレと成長で励みになる兆しがある
・インフレが抑制されたとの確信はまだない

日本市場
鈴木財務相
・為替水準、適切か、適切でないか言えば不測の影響与える
・為替水準についてはコメント控える

特に重要なイベントについては赤字で表示
14時00分 日)4月景気ウォッチャー調査
15時00分 英)3月GDP、1-3月期GDP、3月鉱工業生産、3月商品貿易収支
15時00分 ノルウェー)4月CPI
16時00分 トルコ)3月失業率
16時00分 チポローネECB専務理事 講演
前回発言(4月時点):ユーロ圏に景気回復の兆し インフレは急速に低下
17時45分 欧)エルダーソンECB専務理事 講演
前回発言(2月時点):インフレ率2%の目標に向け「順調」
20時15分 英)ピルMPC委員兼チーフエコノミスト 講演
前回発言(昨日):インフレが抑制されたとの確信はまだない
20時30分 欧)ECB理事会議事要旨
20時45分 英)ディングラMPC委員 講演
前回発言(2月時点):経済が「深刻な形で」影響受けるリスク
21時00分 印)3月鉱工業生産
21時30分 加)4月雇用統計
22時00分 米)ボウマンFRB理事(投票権あり) 講演
前回発言(5月時点):金融政策は景気抑制的、十分かどうかは今後のデータ次第
23時00分 米)5月ミシガン消費者態度指数
23時00分 米)ローガン・ダラス連銀総裁(投票権なし) 質疑応答
前回発言(4月時点):利下げについて考えるのは「あまりに早過ぎる」
23時00分 米)カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁(投票権なし) 質疑応答
前回発言(一昨日):政策金利を「長期間」据え置く可能性高い
25時45分 米)グールズビー・シカゴ連銀総裁(投票権なし) 質疑応答
前回発言(4月時点):PCE価格指数、物価目標として引き続き注視
26時30分 米)バーFRB副議長(投票権あり) 講演
前回発言(2月時点):パウエルFRB議長の利下げへの慎重アプローチ支持
27時00分 米)4月月次財政収支

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 お疲れ様ですお。


 昨日は米市場で弱い失業保険が出たことにより一時ガクッと円高に振れるタイミングがあったお。
 しかしながらその後のFRBメンバー発言や日本市場での鈴木財務相発言もあり円安気味な動きに。
 再度1ドル155円台後半に戻ってきており、156円を目指して介入に注意しつつ伸びを期待しているところだお。
 またドル売りでの円高だったこともあり、クロス円は順調に円安に推移中だお。


 本日はECB理事会議事要旨、カナダ雇用統計、かなりタカ派発言の多いボウマンFRB理事、ミシガン消費者態度指数、バーFRB副議長発言あたりが注目だお。
 週末ということもあり手じまいの動きも出るかもしれないので、そのあたりも注意しておきたいお。


 朝に日本の全世帯家計調査が発表されたけれど、この数字で日銀が金利を上げてくるとはあまり思えずだお。
 引き続き介入か海外の状況が悪くなるまで円安の圧力が続くと感じるお。
pc





やる夫より:ニュース速報TwitterList、情報収集先などの記事だお
やる夫の投資情報収集先あれこれ(2024年02月11日update)
管理人のTwitterでも相場に関して出来る限りお答えしますとのこと
xmにて13000円+$10500ボーナスをやっているみたいだお



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 お疲れ様です。


 ピムコに続きバンガードも超タカ派予想を繰り出してきているが、今のデータから日銀が対応できるとはちょっと思えないな。
参考ソース:日銀利上げ、バンガードも市場予想上回る回数を見込む-ピムコに追随
 ただ今後急激に景気が回復してくれる可能性もないわけではないので、引き続き経済指標に注目していきたいな。
 要人発言は残念ながらここ最近口先介入しかやっておらず、植田日銀総裁も圧力を受けた発言スタンスに切り替えたような感じなので信用が低下した感じがする。


 中東情勢は引き続き解決の目途が見えない状況へ。
 金、原油が上昇。
 特に米債利回りが低下したことで金価格の伸びが素晴らしいな。
 今後さらに米利下げ期待が高まれば、金はもっと伸びていくと思っている。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です






トヨタ⬇️-2.8%「自動車関連に売り圧力」おかしい⚠️注視
・昨日の昼からズルズル下げ続けている
・為替は円安傾向なのに下げ止まらない(連動性がない)
・ホンダ、日産、マツダなども下落
朝、全業種プラスで始まったが、自動車はマイテン


ドル円は155.77円まで上値を伸ばす
ドル円主導で全般ドルが底堅い動きでユーロドルは1.0773ドル、ポンドドルは1.2512ドル、豪ドル/ドルは0.6600ドルまで下押し
主要通貨は対ドルでやや重い動き
時間外の米10年債利回りは4.46%台まで小幅に上昇


週末・五十日
注目材料が少なかった今週
本日の🇺🇸ミシガン大学消費者信頼感指数【速報値】は注目度高め
直近の最大の焦点は来週の🇺🇸消費者物価指数
▼22時00分
🇺🇸ボウマンFRB理事の発言(投票権○)
▼23時00分
🇺🇸ミシガン大学消費者信頼感指数【速報値】
▼26時30分
🇺🇸バーFRB副議長の発言(投票権○)


アップルとしては珍しい自社広告に対しての謝罪を表明しました。批判されていたiPad Proの、いろいろな物を潰していくあのCMに関してです。


来週、バイデン政権は中国への関税をめぐり広範な決定を発表へ。関係者が明らかにしました。
EVやバッテリー、太陽光発電などの主要セクターに新たな的を絞った関税を賦課する見込み。



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku





とりあえず基本は円ショートかなと。
ドル円だけでなく色々な通貨ペアの組み合わせで追いかけがいい感じかも。
yaruo_fuun
 今のところまだ円が買われる材料が多くないな。
 また円が買われる状況に戻ったら円ロングに戻ってきたいな。
 その時はまたトレンド転換と記事に書いて行こうと思う。











現在よく読まれている記事: