1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2024年01月26日12時14分取得:
fx_0125

nikkei_0126
やる夫今日のポイント:
東京都区CPIは市場予想を下回る1.6%に下落
→日本全体のCPIもさらに下落する可能性があり、今後賃上げが進んでも日銀が政策を修正しない可能性
米経済指標はまちまち
→本日PCEデフレータなど発表
中国が個人投資家の海外証券へのアクセスを制限したのち、日経平均は下げ続き
→本日も400円超下落
特に重要なイベントは赤字で表示
14時00分 日)11月景気一致指数
16時00分 独)2月Gfk消費者信頼感
22時30分 米)12月PCEデフレータ、12月個人所得、12月個人支出
24時00分 米)12月中古住宅販売成約指数


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 お疲れ様ですお。


 為替相場は現在147円台でのレンジの動きに。
 146円台、148円台はかなり硬く、今のところ近づくにつれ押し返されてくる感じだお。
 本日22時30分のPCEデフレータではあまりインフレが収束している様子はないけれど、どちらかに抜けてくれるかなと期待しているお。


 東京都区CPIは市場予想を大きく下回る1.6%。
 前月比ではマイナスとなっており、日本全体のCPIも近く2%台前半、そして3月くらいには1%台になるのではと予想しているお。
 そのため春闘で順調な賃上げが行われても、日銀は大きな政策修正を行わないのではないかなと。
 もし利上げや政策修正が行われれば、物価が下がりすぎて再び景気が悪化するのではと思うお。


 先日中国が個人投資家の海外証券へのアクセスを制限。
 その頃より日経平均には売りが大きく入ってきているお。
 現在は3万5000円台でこの売りが来週も続くのかどうか。
 中国側も金融緩和を発表したのもあり、再度資金が集まる可能性もあるのではと思っているお。
pc






1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 お疲れ様です。


 ドル円は一時147円を割りかけたが、そこから非常に強い動きで跳ね返され147円台半ばでの推移が続いているな。
 米経済指標を見る限りマチマチではあるが、インフレ収束は簡単ではなさそうな雰囲気。
 本日発表されるPCEデフレータが市場予想通り、もしくは市場予想を上回るとなった場合は3月利下げ期待は一気に後退しそうではある。
 また来週はFOMCもあるため、今後の金融政策のヒントが貰えるかもしれないな。


 最近は一気に円安が進んできたこともあり日本から口先介入がちらほら出始めている。
 前回152円付近まで介入はなかったので恐らく何もないとは思うが、円安の伸びが止まったり、時々押し戻されたりと警戒の動きがたまに出ている点には注意したいな。



 原油価格は米GDP上振れの影響もありさらに価格が上昇してきている。
 WTI原油が現在1バレル77ドル付近で、そろそろインフレへの影響も懸念されるかな。
 中国海洋石油は24年に過去最高水準の生産量という報道も出ているが、需要増との綱引きになっているな。


 金価格は米債利回りにともなってマチマチな動き。
 現在先物が2022ドルとなっているが、ここ最近少しボラが小さ目になっている感じだな。
 ビットコインは昨日に引き続き特に目立った材料無しで価格も横這いとなっている。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です





日経先物⬇️36,000円割れ「三角持ち合い下抜け⚠️」心配な動き🤔
①上値切り下げ 
1/23(火)日銀会合後か日経値動きの戻りが鈍い
②けん引役の半導体株安⚠️
米引け後のインテル決算❌時間外 -10%
値動きの印象🤔
・1/23(火)日銀会合後か日経値動きの戻りが鈍い
・昨夜の日経先物 夜間、米株高+ドル円上昇するも日経先物の上昇が鈍い
⇒上値切り下げ型⚠️
・1/25(木) 
一時36,000円割れるも反発が速かった。
買い意欲を感じたし、
半導体株高や米先物上昇が下支えに⭐️
・1/26(金)
一時36,000円割れ
一旦は36,000円台に反発したが、半導体や米先物は下落している。
東京時間では判断つかず、昨日のような積極的な押し目買い買いはしにくい
今後
今夜の米株次第。
特に半導体トップのエヌビディアが上がるか?下がるかに注目しています


ドル円は147.64円付近
時間外取引の米10年債利回りが4.09%台へ低下した事を受けて147.48円まで小幅に下値を広げた
ただ弱い1月の東京都区部CPIを受けて本邦長期金利も前日比低下となってる事もあり下げ渋ったものの反発は限られた


ユーロ円は160.10円付近
159.94円まで僅かに下値を広げた所からドル円の下げ渋りもあり戻したがNY終値付近までに留まった
安値揉み合いとなってる日経平均株価の冴えない動きが重し


ユーロドルは1.0844ドル付近
対円でのドルの重さを支援に1.0849ドルまで小高くなったが引き続きNY終値前後で値動き限定的


ECBはより大幅かつ早期に利下げへ、1月の政策決定後の市場予想


【通貨間の強弱】24.01.25(金)
豪ドル⇒ドル⇒ポンド⇒円⇒ユーロ
✦東京:日経+9⤴️の中、「円売り」優勢
✦欧州:全般小動きも、やや「豪ドル買い」優勢
✦NY:ECB総裁発言を受け「€売り」優勢&「円買い」(後半失速)。引けにかけ「ドル買い」戻し



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




日銀会合後から上値が重いという意見もあり。
yaruo_asehanashi
 金融政策修正を期待する声もあるし、もし本当に利上げをしていくなら日経平均は下落してもおかしくはないな。
 ETFの売りもやるならそちらの圧力も気になる。
 あと俺は市場の欧州の利下げ見込みが気になっているな。









現在よく読まれている記事: