1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2023年11月29日06時51分取得:
fx_1129

dau_1129
やる夫今日のポイント:
深夜帯にウォラーFRB理事の利下げ可能性発言
→発言の詳細はこちらの記事で:【相場】ウォラーFRB理事「インフレ率がさらに数ヶ月定価し続ければ、政策金利を引き下げる根拠は十分に」 ドル円は一時147円台前半へ
→今までかなりタカ派な発言で利下げは時期尚早という意見がほとんどだっただけに、利下げに関しての言及は大きな進展だと判断された模様
→米債利回り急落、金上昇、今後のドル売りに期待が持てる

特に重要なイベントは赤字で表示
09時30分 豪)10月CPI
10時00分 NZ)11月政策金利発表
16時00分 スウェーデン)第三四半期GDP
16時00分 独)10月輸入物価指数
18時30分 英)10月消費者信用残高
19時00分 欧)11月ユーロ圏消費者信頼感、11月景況感指数
21時00分 米)住宅ローン申請指数
22時00分 独)11月CPI
22時30分 米)第三四半期GDP、第三四半期個人消費、第三四半期GDPデフレータ、第三四半期PCEコアデフレータ
24時05分 英)ベイリーBOE総裁発言
24時30分 米)EIA週間在庫
27時45分 米)メスター・クリーブランド連銀総裁発言(タカ派、投票権無し)
28時00分 米)ベージュブック


管理人より:29日07時00分のグールズビー・シカゴ連銀総裁(ハト派、投票権あり)



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 28日の非常に大きな材料はウォラーFRB理事が利下げに関して言及をしたこと。
 ただこちらの可能性はあくまでデータ次第であり、インフレ収束が十分でない場合再利上げの可能性も指摘されているので注意が必要だお。
 ただ市場では円高、金高への期待が高まってきており、今後インフレが収束するデータが示されればさらに大きく動く可能性が出て来たかなと思うお。


 本日は豪州のCPI、NZの政策金利、米国のGDPやデフレータあたりが注目材料に。
 ベイリーBOE総裁の発言は恐らくまだスタンスは変わらないのではと思っているお。
 英国のインフレはまだ強すぎるため、比較的ポンドは強い動きをしているお。


 日銀の政策修正に関しては時々言及する記事が出ているお。
 ただ植田日銀総裁の発言からは直近に政策を大きく修正するような材料は見当たらず。
 日本のCPIも思ったより伸びていないこともあり、早期政策修正記事はポジショントーク的な印象を受けるお。
pc





やる夫より:
xmにて入金100%ボーナスがスタートしたみたいだお




1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 おはようございます。


 米国にて利下げが意識されたこともあり、ダウ、ナス、S&Pなども上昇しているな。
 日本は連れ高となるか、それとも円高の材料を懸念して株価下落か。
 現在CFDのほうでは日経平均はマイナス圏で推移しているな。


 金価格に関しては以前より予想していた通り、米債利回りの低下にともない価格が上昇してきている。
 今後も米インフレが落ち着き利下げに向かうに伴って、さらに価格が上昇するのではと思うな。
 ただやる夫も書いている通り、引き続きデータ次第相場なので、その点には注意が必要かなと思う。


 原油に関しては目立った材料無し。
 利下げ期待、値ごろ感とOPECプラスの期待感から買いかなという動きで反発し、WTI原油は1バレル76ドル台となっているな。
 本日はEIA週報、明日はOPECプラスのWeb会合が行われる。
 減産に関する材料が出て来る可能性が高いので、OILCFDなどを触っている方はご注意を。(明日に限った話ではなくリークなどで今日のうちから動く可能性もある)


 ビットコインもFRBの利下げ可能性を好感。
 再び3万8000ドルに向けて動いているな。
 ちなみに大手取引所のバイナンスではCZ氏が取締役会長を退任、ジャオ・チャンポン氏もバイナンスUSの会長職を辞任とのこと。
 SECはビットコインETFの上場申請でパブコメを募集との報道も出ているので、うまくいけばETFの承認があるかもしれない。
 価格上昇に期待が出てきたな。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です







✦ドル買い
・NYは「ドル売り」が強まり、ドル円は147円台半ばまで下落
・ウォラー理事やグルーズビー連銀総裁は追加利上げに消極的な雰囲気を醸し出し、米債利回りが低下したことに反応
・利下げには言及していないが、「市場は来年の利下げに前向きと解釈している」との見方も


・ドル指数は一時102.60まで下落し、8月中旬以来の安値
・米経済の成長が鈍化し始めているとの見方が広がり、市場は来年前半の利下げを織り込み始めた模様
・ウォラーFRB理事は、インフレ率が低下し続ければ、数カ月先に政策金利を引き下げる可能性を示唆


【要人発言】
🇺🇸グールズビー・シカゴ連銀総裁
「金利をあまりにも長く高く維持するのは懸念材料」


【本日の主な材料】
9:30🇦🇺CPI(消費者物価指数
10:00🇳🇿RBNZ政策金利
11:00🇳🇿オアRBNZ総裁会見
22:00🇩🇪CPI(消費者物価指数
22:30🇺🇸GDP(改定値
24:05🇬🇧ベイリーBOE総裁発言
翌3:45🇺🇸メスター・クリープランド連銀総裁発言
翌4:00🇺🇸ベージュブック


【周辺市場】
ダウ平均 35416.98(+83.51)
CME日経 33300(大証比:-80)
・序盤は狭い範囲での振幅が続いたが、複数のFOMC委員の発言を受け、米債利回りが急低下し、株式市場も買いの動き
・しかし、11月の上昇に一服感が出ており、雰囲気は一時休止モードに


✦米10年債  4.330(-0.056)
・複数のFOMC委員の発言を受けて米国債利回りは低下
・市場が期待している利下げには言及していないが、アナリストからは「市場は来年の利下げに前向きと解釈している」と指摘も


✦NY原油先物=76.41(+1.55)
・OPECプラスの閣僚会合を30日に控え、買い戻しが優勢
・タカ派にウォラーFRB理事がインフレ低下の継続を条件として利下げの可能性を示唆したことも支援要因に


【通貨間の強弱】23.11.29(水)
円⇒豪ドル⇒ポンド⇒ユーロ⇒ドル
✦東京:日経-39⤵️の中、「円買い」「豪ドル買い」&「ドル売り」優勢
✦欧州:やや「円売り」戻し&「ドル売り」戻しも勢い続かず
✦NY:米債利回り低下を受け、再度「ドル売り」&「円買い」加速


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku





何度も戻されてきたけれどいよいよ?
yaruo_fuun
 確定はできないが期待はできそうだな。
 頑張って追いかけていきたいな。









現在よく読まれている記事: