1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2022年09月22日06時15分取得:
fx_0922

dau_0922
やる夫今日のポイント:
ロシアリスク増加で欧州経済に懸念
→ユーロ、ポンドなど売られ気味
FOMCの内容はタイトル通り
→パウエルFRB議長の発言でドル円は売られるも、発言終了後は持ち直し傾向
日銀金融政策決定会合あり
→国債買いオペがあった点、インフレ率が海外に比べてそこまで高くない点などから金融政策は変更なし、金利維持と予想
→発言にて「緊張感をもって注視」「躊躇なく介入」「緩和継続」などが出るのではと予想

07時45分 NZ)8月貿易収支
12時頃 日)日銀金融政策決定会合終了後政策金利発表
15時30分 日)黒田日銀総裁定例記者会見
15時45分 仏)9月企業景況感
16時30分 瑞)スイス中銀政策金利発表
20時00分 英)9月BOE政策金利発表
21時30分 米)第二四半期経常収支、新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数
23時00分 米)8月景気先行指数
23時00分 欧)9月ユーロ圏消費者信頼感
未定 阿)9月南ア中銀政策金利発表
豪市場は休場

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 FOMCお疲れ様でしたお。
 内容は基本的にタイトル通り。
 インフレ退治に向けて動かねばならないところはあるものの、パウエルFRB議長の発言ではわずかに景気への影響を気にする言葉が出ており軟化と取られたようだお。
 ただし最終的には「無痛でインフレを退治する方法はない」ともあり、個人的にはドル円は円安方向に向かうと思っているお。
 本日の日銀の内容次第で何もしないことがわかれば1ドル145円にタッチもあり得そうかなと思うお。


 それと気になるのはロシアのリスクが増している点だと思うお。
 こちらから突発的に何か材料が出ると欧州売り、影響を受けて円買いでドル円も下落しかねないなと。
 昨日大きな発表があったので当面は無いと思っているけれど油断は禁物だお。
 あとしばらく無いとは思うけれど、停戦に向けて前進ということになれば円安に拍車がかかるかもなと思っているお。
acha






1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 おはようございます。


 パウエルFRB議長の発言には軟化が見られたものの、基本的な姿勢には変化なしと俺は受け取ったかな。
 またドットプロットを見ると次回FOMCも75bp利上げの可能性大、2023年も高金利維持で、大幅に円高に振れるという可能性は低そうに思う。(下げたところを買うという手も使いやすくなるか)
 そのため俺も本日の日銀で何もなければさらに円安が進みそうかなと思っている。
 日銀側も重々承知だと思うので、何等かの口先介入を入れてくる可能性はありそうかなと思うが、どれほど効果が出るかは微妙かな。


 株価は利上げや引き締めによる景気悪化懸念によりどんどん下落してきているな。
 今日明日くらいにダウは3万ドルを再び割ってしまうかもしれない。
 日経平均も引っ張られて下落傾向にあるな。


 EIA週間在庫統計は低調な数字に。
 原油価格は少し下落しているが材料が多いため微妙な値動きをしているな。
yaruo_yaranaidrink





現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です






◆FOMCまとめ
✔︎予想通り0.75%利上
✔︎ドットチャートは予想よりも『タカ派』で次回も0.75%利上の可能性大
✔︎モーゲージの売却は考えていないとの発言は安心材料
総合すると予想よりもタカな会合。ここからはまずは日銀、そして雇用統計とCPIを見ていく相場になりそうです。


FOMC、ドットチャートは大幅上方修正の一方、経済見通しは下方修正。外れ値抜いた予想レンジだとリセッション想定せずのままだけど、一番弱気な方の予想は23年のマイナス成長予想になったんですね。
FF金利先物市場、依然として23年後半の利下げを織り込んでる……心が強い


【FOMC声明】
・利上げ継続が適切になるとの見方を再言及
・インフレリスクに強く注意を払う
・予定通りに国債とMBSの保有額を削減
・超過準備付利を3.15%、公定歩合を3.25%に引き上げ


✦パウエル議長
・いつか利上げペースを落とすのが適切となる
・労働市場は幾分軟化する可能性が非常に高い
・いつか利上げペースを落として効果を見極める可能性
⇒幾分タカ派色を和らげる発言
・景気を維持したまま米経済をソフトランディングさせるのは非常に困難


【通貨間の強弱】22.09.21(水)
ドル⇒円⇒ポンド⇒豪ドル⇒ユーロ
✦東京:日経-375と寄り天&軟調の中、やや「豪ドル売り」も全般小動き
✦欧州:序盤「ユーロ売り」&「円買い」⇒失速の一方、じわじわ「ドル買い」
✦NY:FOMCで乱高下するも「ドル買い」優勢の一方、引けにかけ「円買い」加速


✦ドル円
・FOMCでドット・プロットの22年末の金利見通しの中央値が4.375%と予想よりも高かったことで「ドル買い」反応⇒ドル円は144.70円付近まで急上昇
・パウエル議長の会見を受け、143円台に一気に伸び悩み
・終盤にはリスク回避の「ドル買い」から144円台に戻す展開


【周辺市場】
ダウ平均 30183.78(-522.45)
CME日経 26975(大証比:-145)
・ドット・プロットで、FOMC委員が予想以上にタカ派色を強めていることが示され米株売り
・パウエル議長の幾分タカ派色を和らげる発言で、上昇
「ソフトランディングさせるのは非常に困難」発言で一気に売り加速


NY原油先物=82.94(-1.00)
・ウクライナで軍事行動を続けるプーチン大統領が部分的な動員を開始し、ウクライナの混乱が長期化するとの懸念が高まり一時相場を押し上げたものの、買いは続かなかった
・米EIA週報で需要は依然として低調


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




さてさて現在1ドル144円ぴったりくらいだお。

yaruo_asehanashi
 今日もどんな動きになるか楽しみだな。








現在よく読まれている記事: