1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2022年09月20日06時26分取得:
fx_0920

dau_0920
やる夫今日のポイント:

ECB副総裁利上げ示唆でユーロ上昇
→景気悪化は懸念されるものの、金利差による通貨強弱はいまだ強い
米国は特に大きな材料出ずドル円はレンジ圏
→注目度の高い経済指標発表もなし、FRBブラックアウト期間により
→本日は経済指標発表もあるため動きが出る可能性(ただし明日深夜にFOMCのため限定的な動きになるか)
米株が予想外に上昇
→大幅安の反動かとの報道あり
原油再び上昇
→中国ロックダウン解除のため
金価格は下落傾向、ビットコインも弱い
→金利を生まない安定資産から離脱か

08時30分 日)8月CPI
10時15分 中)9月ローンプライムレート1年、5年
15時00分 独)8月PPI
17時00分 欧)7月ユーロ圏経常収支
21時30分 米)8月住宅建設許可件数
21時30分 加)8月CPI
26時00分 欧)ラガルドECB総裁発言
26時00分 米)20年債入札
28時30分 加)ビュードライBOC総裁発言

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 おはようございますお。


 19日、ドル円は特に方向感の出ない動きだお。
 注目度の高い米国経済指標なし、FRBのブラックアウト期間のため金融当局者の発言無し。
 週明けにバイデン大統領の中国けん制発言で142円台に下げた以降は143円台をキープしているお。


 欧州ではECB副総裁の10月大幅利上げ示唆あり。
 ユーロはこれにより強めの動きが出ていたお。
 本日は26時00分にラガルドECB総裁の発言があり、こちらでも大幅利上げが支持されるかどうかに注目したいお。


 日本では08時30分にCPIの発表だお。
 市場予想を見るに、この内容だとまだ日銀が利上げに転じるには弱いかなという感じ。
 もし下回るようだと日銀金融政策決定会合も変更なしかなと思われるので要注目だと思うお。


 米国では21時30分に住宅着工件数、26時00分に20年債入札だお。
 明日にFOMCがあるのでそこまで大きな動きは出ないかもしれないけれど、結果で多少は動くと思うので見逃さないようにしたいお。


 米株は連日の下げから反発だお。
 ただこの反発が今後も続くかというと微妙なところ。
 FRBの金融政策はまだまだインフレ退治に全力のためだお。
pc







1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 おはようございます。


 原油に関してはUAEの増産報道のあとに中国のロックダウン解除報道があり目まぐるしい動きが続いていたな。
 現在WTI原油は1バレル85ドル台。
 消費が減っており大きな流れでは下落方向ではあるが、ちょっと直近ではどちらに動くかは微妙だな。
 中国がコロナを気にしないようになれば、一気に消費量が増える可能性もあるかなと。


 金、ビットコインに関しては冬の時代に突入しているな。
 金利を生まないことが嫌気され売られているようだ。
yaruo_yaranaidrink





現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です





▼通貨強弱(19日月、週明け)
👀アジア・欧州市場で米ドル買い・米株売りの流れが優勢になるも
👀NY市場で一転して米ドル売り・米株買いの流れが優勢に
👿ドル円👉一時143円後半まで上昇後に143円前半まで反落
😈ユーロドル👉一時0.99半ばまで下落後に1.00前半まで反発上昇


▼NYクローズ(19日月、週明け)
・米株価指数👉大きめに反発
・米国債利回り👉上昇


NY原油先物=85.36(+0.60)
・FOMCを控えて、1%利上げが警戒される中、売りが強まる場面があったものの、安値から切り返した
・欧州の脱ロシアによる冬場の供給ひっ迫見通しが下値をサポート
・来月のOPECプラスの会合で、生産目標が再び引き下げられる可能性も支援要因に


10年債  3.494(+0.045)
・今週のFOMCの結果待ちの雰囲気が強い中で利回りは上昇
・0.75%ポイントの大幅利上げが予想される中、パウエル議長の会見やFOMC委員の金利見通しでタカ派色が強まるとの見方も少なくない様子


【周辺市場】
ダウ平均 31019.68(+197.26)
CME日経 27525(大証比:+175)
・ダウ平均は、売り先行で始まったものの、下値での押し目買いも活発に入り下げ渋る動き
・取引開始直後に263ドル安まで下落したものの上げに転じる展開
・今週のFOMCを控え、結果待ちの雰囲気も強い模様


【通貨間の強弱】22.09.19(月)
ユーロ⇒ポンド⇒豪ドル⇒ドル⇒円
✦東京:週明け祝日休場の中、全般小動き
✦欧州:「ドル買い」優勢の一方、「オセアニア通貨売り」
✦NY:「ドル買い」失速の一方、「豪ドル買い」戻し

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




さてさて、まずは日本のCPI。
どうなっているかお?
yaruo_asehanashi
 原油価格も一旦下落したしどうかな。
 生鮮食品は値上げ報道が目立ったが、コアCPIは微妙なんじゃないかなと思ったりもするな。








現在よく読まれている記事: