1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2022年04月27日13時45分取得:
fx_0427

nikkei_0427
やる夫今日のポイント:
FOMC前で全体的に調整の動きか
→26日には一時的に126円タッチ、徐々にドル買い需要
内外金利差拡大の方向に変化はなし
→インフレ率もまだ発表されていないため、そちらを見極め
→金融当局者が「インフレピーク」という発言も出ているが、今の状況は「インフレは一時的」という予測が外れて介入が必要となっている点に注意か
米上院、ブレイナードFRB理事を副議長に承認
ロシアがポーランド、ブルガリアへのガス供給を停止
→ウクライナ情勢に変わりなし
10時30分 豪)1-3月消費者物価指数(市場予想を上回る結果)
23時00分 米)3月住宅販売保留指数
25時00分 欧)ラガルドECB総裁発言
未定 日銀金融政策決定会合(1日目、明日内容発表)
阿市場は休場

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 お疲れ様ですお。


 26日ドル円はかなり荒い値動き。
 来週のFOMC前、もしくは連休前のドル買い需要との意見が出ているお。
 それに加えて以前より問題視されている中国ロックダウンなどのリスク回避の影響も出ている雰囲気かお。
 内外金利差拡大方向には今のところ変わりなし。
 各国金融当局者から「インフレピーク」との発言が出ているけれど、豪州の消費者物価指数は市場予想を大きく上回る結果に。
 まだまだ大幅利上げが必要になる事には変わりなさそうかなと思うお。


 中国ロックダウン、ロシア制裁などにより日本企業の業績には懸念が出ているお。
 そのため本日の日経平均は下落気味。
 米国でも中国企業株が乱高下しているお。


 米SEC委員長は債券市場の可視性を高めるために、1分以内の報告を義務付けるべきだとの意向を示したお。
 流石に1分以内は早すぎる・・・とは思うけれど、可能ではあるのかなとも。
 業界からは反対の声が出ているようだお。
参考ソース:米SEC委員長、債券取引後1分以内の報告義務付けも-透明性向上で

acha


やる夫より:
xmが現在入金額2倍キャンペーン開催中だお




1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 お疲れ様です。


 連休前に株価、為替は激しい動きが続いているな。
 ドル円だけでなくクロス円も大幅な値動きが続いている。
 原油も95ドル付近から101ドルまで戻すなど、かなり荒い動き。
 金価格は1オンス1900ドルを割り込んでいるな。


 現在のドル買いに関してだが、東京でのGWを控えて実需や投資家によるドルの手当てなどが出ていることで、買いが優勢となっているのではとのこと。
 一時的に円高にはなるものの、個人的には長期的に円安ではという予想は崩れていないかな。
参考ソース:ドル・円は上昇、連休控えたドル買い需要が押し上げ-127円台半ば

yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です





昨日は大きく下げた米株式市場の時間外では買い戻しが優勢
この動きを受けて日経も午後の入って買いが目立っており午前の安値から300円近い戻しを見せる場面も


ユーロドルは昨日2年1カ月ぶりとなる水準まで弱含み
本日アジア時間でも僅かながら安値を更新
アジア時間に欧州通貨が大きく新値を更新した場合は欧州入り後に巻き戻しが入る事が多く安値更新もアジア市場では慎重な動き


豪ドル、落ち着いてきましたね。元々市場は年末までに政策金利が2.35%くらいまで上がるという、かなりタカ派な想定でした。今回のCPIの目標上振れも、RBAメンバーが予想しており今後については労働コストに関するデータ次第とするなど想定内。これ以上の利上げを織り込むのには限界あります・・・。
とはいえ、キャッシュレート先物市場、政策金利が年末までに2.89%まで上昇するとこまで織り込みに行きましたね。5月3日のRBA理事会でこの状況になにか言及あるか楽しみです。市場は6月の50bp利上げを7割方織り込んでます


豪1-3月CPI、前年比+5.1%、前期比+2.1%と予想(4.6、1.7)を大幅に上回る結果。加重中央値は市場予想(+3.3%)を下回る前年比+3.2%となるも、トリム平均は前年比+3.7%と予想(+3.4%)を大幅に上回ったことで、基調インフレは3%目標を上回りました。


本日
日銀金融政策決定会合
10:30 1-3月期豪CPI
15:00 5月独消費者信頼感指数
15:45 4月仏消費者信頼感指数
16:00 レーンECB専務理事兼主任エコノミスト講演
17:00 ミュラーエストニア中銀総裁講演
20:00 MBA住宅ローン申請指数
20:00 3月メキシコ貿易収支
21:30 3月米卸売在庫
23:00 3月米住宅販売保留指数(仮契約住宅販売指数)
23:30 EIA週間在庫統計
28日1:00 ラガルドECB総裁講演
28日1:00 3月ロシア失業率
28日2:00 米財務省、5年債入札


NY原油先物=101.70(+3.16)
・中国で感染拡大が続いており、北京の都市封鎖により石油需要が一段と落ち込むリスクがある反面、ロシアからの供給がさらに減少する可能性が相場をサポート


【周辺市場】
ダウ平均  33240.18(-809.28)
CME日経 26025(大証比:-625)
・ダウ平均は大幅反落
・引き続き中国経済懸念とFRB積極利上げ懸念を悪材料視
・今週は大手IT・ハイテク企業の決算発表が目白押しで、内容を見極めたい雰囲気も


【通貨間の強弱】22.04.26(火)
円⇒ドル⇒ユーロ⇒豪ドル⇒ポンド
✦東京:日経+109の中、序盤「円買い」⇒元財務官発言を機に「円売り」戻し
✦欧州:再度「円買い」&「欧州通貨売り」
✦NY:米株軟調の中、「円買い」加速&ドルも円以外に対し堅調、一方「ポンド売り」加速


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




とりあえず豪州は割とえぐめのインフレだお。
yaruo_asehanashi
 先月比+2.1%だしな。
 インフレが一時的で終わるとはあまり思えない。






現在よく読まれている記事: