1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2021年11月24日06時52分取得:
fx_1124

dau_1124
やる夫今日のポイント:
パウエルFRB議長再任での早期利上げ期待
→金利差によるドル買い進む
バイデン大統領が石油備蓄放出に関して発表も原油価格は上昇
→日米中が協調して石油備蓄放出とのこと
→WTI原油は78ドル台に
ベイリーBOE総裁発言には利上げに関するような話題はなし
トルコリラ10円割れ
→今後も価格下落が進むと予想、高金利に頼った金融商品を買う場合は注意
09時00分 シンガポール)7-9月期GDP
10時00分 NZ)RBNZ政策金利(利上げ予想・大きな動きが出る可能性)
18時00分 独)11月IFO企業景況感指数
22時30分 米)7-9月期GDP(改定値)、新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数、10月耐久財受注
24時00分 米)10月個人消費支出、新築住宅販売件数、個人所得、11月ミシガン大学消費者態度指数
28時00分 米)FOMC議事要旨

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 23日は欧州時間で一時調整が入ったものの、その後米国時間でドル円は115円台に復帰だお。
 パウエルFRB議長再任で早期利上げ期待が進んでいる模様で、今後もドル高は進んでいくのではと見ているお。
 本日は大きい経済指標、イベント多し。
 しかも28時00分はFOMC議事要旨なので本日はあまり休む時間がなさそうな雰囲気だお。


 10時00分にはニュージーランドの政策金利発表だお。
 利上げが予想されており、もし市場予想に反して利上げが行われなかった場合はNZドルに大きな動きが起きる可能性があるので要注意だお。


 トルコリラは遂に10円割れ。
 今後も利下げが発表されているのもあって、さらなる通貨安が起きると予想しているお。
 トルコリラの高金利を利用した商品、外貨預金(かFX)を狙おうとしている場合は要注意だお。

pc







1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございます。


 色々と材料が出ておりFXで稼ぎやすいタイミングだな。
 基本的に大きな流れはドル高円安かと。
 ただし各国中銀の利上げ時期、金融政策スタンスの変更が見られるような発言には注意かな。


 原油に関してはバイデン大統領が日米中で協調して石油備蓄放出と発表している。
 ただOPECプラスが対抗して産油量調整の可能性と発表していること、石油備蓄放出が本当に行われるか懐疑的な事から、原油価格は逆に上昇してしまっているな。
 WTI原油は現在1バレル78ドル台で今後上昇する可能性があると見ている。
 一時ガソリン価格が落ち着くかに思えたが、このままだとさらに値上がりするかもしれないな。


 米金利上昇に伴い金価格はさらに下落。
 1オンス1780ドル台となっている。
 ビットコインは660万円付近だな。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です





NY原油続伸、78ドル台 - 備蓄放出効果に懐疑的


本日
9:00 7-9月期シンガポールGDP確定値
10:00 NZ準備銀行政策金利発表
15:45 11月仏企業景況感指数
18:00 11月独IFO企業景況感指数
19:00 10-12月期南アフリカ経済研究所企業信頼感指数
19:10 パネッタECB専務理事講演
21:00 MBA住宅ローン申請指数
22:30 前週分の米新規失業保険申請件数/失業保険継続受給者数
22:30 10月米卸売在庫
22:30 7-9月期米GDP改定値/個人消費/コアPCE
22:30 10月米耐久財受注額
23:30 テンレイロ英中銀MPC委員講演
24:00 10月米PCE/10月米個人所得/10月米PCEデフレーター/10月米PCEコアデフレーター
24:00 11月米消費者態度指数
24:00 10月米新築住宅販売件数
25日00:30 EIA週間在庫統計
25日1:00 シュナーベルECB専務理事講演
25日4:00 FOMC議事要旨(11月2日-3日分)


東京市場朝のドル円は115.10円台
22日の海外市場でドル高が進み115円手前まで上昇
昨日の東京市場が祝日で休場となる中でアジア市場で115円台に上昇
その後も堅調地合いを維持しての推移


【ロイター】
・ドル指数はほぼ横ばいの96.461
・ユーロドルは0.16%高の1.1251ドル
・序盤には1.1226ドルと1年4カ月ぶりの安値
・ユーロ圏PMI速報値が55.8と、10月の54.2から上昇を好感
・トルコリラは対ドルで15%下落。過去2番目の大きさ


米感謝祭前だからか米指標めちゃくちゃ多い


【周辺市場】
ダウ平均  35813.80(+194.55)
CME日経 29710(大証比:-80)
・ナスは一時1%を超える大幅安の一方、ダウ平均は上昇
10年債  1.676(+0.052)
・パウエル議長再任で政策スタンスを継続し、正常化を急ぐのではとの思惑が加速
・来年6月の0.25%の利上げを織り込み開始


【通貨間の強弱】21.11.23(火)
ユーロ⇒豪ドル⇒ドル⇒ポンド⇒円
・東京:休場の中、仕掛け的な「円売り」優勢⇒ドル円115円
・欧州:米中対立リスクを受け一転「円買い」戻し&欧州通貨は「ユーロ買い」「ポンド売り」
・NY:再度「円売り」優勢で、ドル円は115.20円付近まで高値更新

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




今日も頑張って稼ぐお!
yaruo_fuun
 頑張っていこう!





現在よく読まれている記事: