1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2021年04月20日07時00分取得:
fx_0420

dau_0420
やる夫今日のポイント:
大きな材料はなかったがドル安傾向が続いている
→米主要企業決算本格化:https://mst.monex.co.jp/mst/servlet/ITS/fi/FIClosingCalendarUSGuest
→中央銀行のテーパリングが予想され始める、株価上昇抑制圧力注意
→アルケゴス関連の巨額損失によりクレディSの責任者が退社
→NVIDIAのARM社買収に英国が介入、安保上の理由のため
ドイツ、9月に首相交代の可能性
テスラが事故により株価下落
仮想通貨が再度急落も再び下げ止まり
→ビットコインは600万円台に戻す、ドージコイン強い
10時30分 豪)豪準備銀行金融政策決定会合
15時00分 英)3月失業保険申請件数、失業率

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 19日、為替市場はドルが非常に弱い動き。
 ドル円が再び円高方向に向けて動き始めているお。
 ただ1ドル108円の壁は厚く、何度か108.3円付近まで押し戻される場面も。
 しかしながら大きな流れとしてはドル安傾向が続くのではと思っているお。


 米国ではテスラが事故により株価が下落。
 一時ー7%超となったものの、引け時にはー3.4%程に戻しているお。
 またNVIDIAのARM買収に英国が介入、NVIDIAの株価もー3.4%程となっているお。


 仮想通貨市場は再びの大幅下落。
 米国時間で下げ止まったものの、一過性の下げなのかどうか見極めが難しいところにいるお。
pc




 


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございます。


 19日、米国株価指数はわずかに下落。
 最近各証券会社から中央銀行のテーパリング時期予想が出始めているな。
 今後少しずつ株価上昇抑制圧力が出始めるかもしれないので要注意だ。
 また米主要企業決算が本格化してきているので、そちらも要注目かと。


 新型コロナウイルスに関してだが、ワクチン接種が急速に進んでいる米国やイギリスでは死者数が大幅に減少してきている。
 特にイギリスは昨日の死者が10人とのこと。(ロックダウンの影響もある可能性があるのでもうしばらく様子を見たいが)
 ワクチン効果に関しては非常に期待が持てそうだ。
 対してインド、ブラジルの状況は非常に悪く、特にインドの新規感染者数、死者数が急増している。
 人口が非常に多く、衛生面に難があるため今後さらに状況が悪化しかねないか。
 日本では緊急事態宣言により景気悪化が起きる可能性があるため、感染を広げないように要注意だな。
参考ソース:https://www.worldometers.info/coronavirus/


 日米の台湾への共同宣言に関して。
 19日は特に材料は出なかったが、今後何等かの対応が出てくる可能性があるので注意だ。


 バイデン大統領はインフラ投資計画で「妥協も」とのこと。
 議論が長期化するよりもスピーディな対応を入れるつもりなのかもな。
参考ソース:バイデン氏、インフラ投資計画で「妥協も」 超党派議員らと会談

yaranai_ue




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です







日米金利差とドル円相場が連動するならば、夏頃の米実質金利上昇に伴いドル高円安へ


本日
13:30 2月本邦第三次産業活動指数
10:30 4月RBA理事会議事要旨
15:00 3月英雇用統計
15:00 12-2月英失業率
15:00 3月独PPI
21:50 デコス・スペイン中銀総裁講演
21日1:00 3月ロシア失業率


NY株式市場
取引開始前にコカコーラが予想を上回る決算と通期見通しの上方修正を発表
パンデミックの抑制とワクチン展開の恩恵を受けた形だが株価は上昇こそしてるが反応は鈍い印象
既にその恩恵による力強い決算は織り込まれてる面もあり決算を受けた反応に関しては気掛かりな点ではある
IT・ハイテク株が下落しておりナスダックを圧迫
市場が最も注目してるのは今年に入って利益確定売りが強まってる同セクターが今回の決算を受けて復活出来るかどうかの模様
テスラやアマゾンやエヌビディアが下落 マイクロソフトやフェイスブックやAMDも売られてる


米国債利回り
2年債0.159を-0.002)
10年債1.605(+0.025)
30年債2.295(+0.030)
期待インフレ率2.356(-0.015)
表面利率1.125%の10年物国債利回りは前営業日比0.02%高い1.60%で引け
新型コロナウイルスワクチンの普及に伴う米経済の回復期待は根強く米国債には売りが出た
主要な米経済指標の発表も無く手掛かり材料に乏しい中でこの所の利回り低下が一服
米10年債は1.61%台まで一時上昇
30年債は2.30%まで一時上昇
2-10年債の利回り格差は+144(前営業日+142)


【通貨間の強弱関係】21.04.19
ポンド⇒円⇒ユーロ⇒豪ドル⇒ドル
・東京時間「ドル買い」の動きも、欧州時間から一転全面「ドル売り」
・ドル円は、108.0円&日足50日線まで下落
・目立った材料はないものの、ポンド買いが加速し最強


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




よーし、今日も頑張るお!
yaruyarapc
 頑張っていこう!






現在よく読まれている記事: