1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


2021年04月01日07時59分取得:
fx_0401

dau_0401
やる夫今日のポイント:
円安傾向も1ドル111円の壁が重く何度か110円半ばまで押し戻される
→ADP雇用統計は伸びるも市場予想は下回る
→ダラス連銀総裁は「FRBは積極的だが先手は打たない事を自信は望んでいる」と発言
→SECがアルケゴスのトレーディングをめぐり調査を開始
→バイデン大統領、インフラ投資や増税を発表
日経平均は反発か、先物はわずかに上昇
08時50分 日)1-3月期日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
09時30分 豪)2月小売売上高
10時45分 中)3月Caixin製造業購買担当景気指数
15時00分 独)2月小売売上高指数
15時30分 瑞)3月消費者物価指数
16時50分 仏)3月製造業PMI
16時55分 独)3月製造業PMI
17時00分 欧)3月製造業PMI
17時30分 欧)3月製造業PMI
21時30分 米)新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数
22時45分 米)3月製造業PMI
23時00分 米)3月ISM製造業景況指数
 
1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 31日は1ドル111円にギリギリタッチしそうなところから一旦110.5円まで押し戻される相場に。
 ポンド円も152.7円と大きく円安が進んでいるお。
 大きな材料も出ていないため、この傾向はまだ変わっている様子はなし。
 引き続き1ドル111円乗せを期待中だお。


 バイデン大統領のインフラ投資演説で増税の話題が出たお。
 簡潔に言うと企業増税で財源を賄うとのこと。
参考ソース:バイデン氏「対中競争に勝つ」、220兆円インフラ投資・増税発表
 相場に大きな動きはなく織り込み済みな内容だったのかなというところ。


 ビットコインが再び大きな伸びだお。
 現在650万円程となっており過去最高値を付けることが期待されているお。
 GSもビットコイン投資サービスを提供すると発表しており、今後仮想通貨市場はさらに盛り上がるかなという雰囲気だお。


 数日前より話題になっているアルケゴス関連のトレーディングに関してSECが調査を開始。
 大規模損失に関わる報道がちらほら出てきているお。
参考ソース:クレディSの大株主「アルケゴスは警鐘」-変わらなければ投資見直し


 フランスが新型コロナ感染者数急増で再び全国的なロックダウンを検討とのこと。
 世界各国でも新型コロナ感染者数は増えており、再び大幅な経済悪化が懸念されるお。
 ワクチン接種ペースは加速しているものの、実体経済には再度ブレーキがかかる可能性があるので要注意かと。
参考ソース:フランス、新型コロナ感染者急増で全国的なロックダウンを検討


 本日は製造業PMI発表ラッシュに加え、ISM製造業景況指数の発表ありだお。
 景気判断に重要な指標なので要注意だお。


 やる夫氏が結婚を発表。
 お相手は行きつけのパン屋の店員さんとのこと。
 サイト運営、トレーディングはこれからも変わらず取り組みますお。
pc





1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 !?!?!!!????!??!?!!!!!


yaruo_yaranaidrink





現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です







ドル円は110.77円付近
新年度入りとあって本邦機関投資家等の動きに注目
なお昨日高値110.97円の前後である110.95-111.00円には断続的に纏まった売りが観測されておりこれらをこなせるかどうか
ユーロ円は129.89円付近
本日もドル円につれる展開が想定される
ユーロドルは1.1726ドル付近


◆要注意
①3月に決まった1.9兆ドルの経済対策
・コロナ対策で、現金給付など大規模な財政出動
・2021年の景気を押し上げ
②今日のインフラ投資&4月公表見通しの医療政策
・総額3-4兆ドルの公算
・一時的な経済対策ではなく、長期の成長投資や分配政策の色彩
・21年の景気を左右する度合い小さく


◆演説中
・バイデン大統領がインフラ投資計画について演説
・事前に伝わった主な内容は下記の表
・8年間で2兆㌦規模のインフラ投資 企業増税などでまかなう
・演説では経済格差の大きさを強調
・4月にヘルスケア拡充も公表の見通し
 →インフラ含め3-4兆㌦との観測
▽日経


三菱UFJMS証券 藤戸則弘氏
「4-6月期終わったらテーパリングが議題になるんじゃないか」
「FRBパウエル議長は誠実すぎる。緩和も強く言うが、
緩和縮小も強く言うんじゃないか」
「2013年もバーナンキ議長の発言きっかけで大きく下げた」
「今年は振れ幅の大きい1年になると見てます」


アメリカ国旗米株「月末のポジション調整」#セクター動向
月末で
今月大きく上昇した景気敏感株に利益確定売り
出遅れているハイテク株に買い
今月
・ダウ 6.62%高 景気敏感株高
・S&P500 4.24%高
・ナスダック 0.41高 金利上昇重し
ナスダック
金利上昇が重しで今月一時10%下落
最後はプラス
押し目買い大事


米国債利回り
2年債0.162(+0.016)
10年債1.746(+0.043)
30年債2.418(+0.049)
期待インフレ率2.373(+0.025)
表面利率1.125%の10年物国債利回りは前営業日比0.04%高い1.74%で引け
バイデン米政権のインフラ投資計画を受けて米景気回復への期待が高まるなか米国債は売りに押された


NY債券市場
序盤はADP雇用統計が予想を下回った事で利回りは上げ幅を縮小する場面が見られたがバイデンによる巨額のインフラ投資によるインフレ期待の高まりから利回りは後半に再び上昇
10年債は1.75%付近に上昇
30年債も2.43%付近に一時上昇
2-10年債の利回り格差は+158(前営業日+157)



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




ちょっと後で顔貸してくれる?
mensetsu
 エイプリルフール!エイプリルフール!!!
 (結婚してません!行きつけのパン屋もありません!)







現在よく読まれている記事: