1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2021年01月22日06時20分取得:
fx_0122

dau_0122
やる夫今日のポイント:
バイデン大統領の方針見極め
→レイFBI長官留任
→経済対策や米中対立、その他政策をどうしていくのか
ECB
→緩和決定の参考とする新たな指標を模索
→緩和は利上げ開始直前まで継続
→PEPPの全額を使うとは限らない、1.85兆ユーロの規模を維持
ラガルドECB総裁
→為替レートの動向を注視する、見通しのリスクは下振れも顕著ではない
06時45分 新)10-12月期四半期消費者物価
08時30分 日)12月全国消費者物価指数
09時30分 豪)12月小売売上高
16時00分 英)12月小売売上高
17時15分 仏)1月製造業購買担当者景気指数、サービス業購買担当者景気指数
17時30分 独)1月製造業購買担当者景気指数、サービス業購買担当者景気指数
18時00分 欧)1月製造業購買担当者景気指数、サービス業購買担当者景気指数
18時30分 英)1月製造業購買担当者景気指数、サービス業購買担当者景気指数
22時30分 加)11月小売売上高
23時45分 米)1月製造業購買担当者景気指数、サービス業購買担当者景気指数、総合購買担当者景気指数
24時00分 米)12月住宅販売保留指数、中古住宅販売件数

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 21日、ダウはプラス圏、マイナス圏をウロウロしていたけれど引け字には残念ながらマイナス圏。
 ただ大きく下げるというより利確に押された様子だったお。
 ナス、S&P500は共に上昇しており、ワクチンやバイデン大統領の政策に期待がもたれているようだお。
 ドル円はやはり円高傾向あり。
 バイデン大統領の政策によってドル安がさらに進むのではと考えられている様子。
 英中銀のマイナス金利議論などによってポンドはかなり強い様子、現在は142円台に上昇しているお。


 本日はPMIラッシュあり。
 予想数字を見る限り、各国はコロナによるロックダウンの影響が出るのではと見られているようだお。


 米中関係はやはり改善しない雰囲気。
 イエレン氏は「為替操作に政権全体で対処」「中国にはあらゆる手段使う」と述べており、中国側の反発が予想されるお。
参考ソース:イエレン氏、中国の悪質慣行に「あらゆる手段」使う-議員に回答
 この件は日本も影響を受けると思われるので、今後次第にドル安が進み円高になっていくのかなと思っているお。 


 ラガルドECB総裁はユーロ圏の経済が二番底に向かっている可能性を示唆したお。
参考ソース:ラガルドECB総裁、二番底の公算示唆-金融政策は現状維持
 金融政策は現状維持とのことだけれど、次の緩和決定の指標を模索との情報も伝わっているお。
 つまり経済は悪くなれども今のところ株価が急落する要素はなさそうという事だお。

pc





1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 おはようございます。


 英経済はロックダウンやブレグジットもありよくない状況だがポンドはどんどん上昇しているな。
 またドル売り、株買いが長期的なトレンドかなと考えている。


 ビットコインは先日急落。
 一時320万円台となっていたが現在は330万円付近で下げ止まり。
 値下がり材料ではないはずだが、ブラックロックがビットコイン提供開始と伝えられている。
参考ソース:ブラックロックがビットコイン提供開始-2ファンドで先物投資可能に


 金価格と原油価格は共に足踏みの様相だ。
 どちらも大きな材料は出ていないな。


 株価に直接の影響は出ていないようだが、新型コロナウイルスの影響は日増しに強くなっている。
 日本でも21日は99人の死者が出ており、死者数は右肩上がりだ。
参考ソース:https://www.worldometers.info/coronavirus/
 医療がひっ迫しているという報道もよく出るし、体調や感染には十分に気を付けて生活したいな。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です






【ポンド】
・£ドルは一時1.37ドル台半ばまで上昇し、2018年4月以来の高値水準に
・ECB理事会を受けた「ユーロ買い」に、ポンドも連れ高の様子
・ただ、英経済が正常化するのには時間がかかる可能性があり、ポンド上値には慎重になるべきとの見方も


【ユーロ】
・ECB理事会が開催され、大方の予想通りながら、声明やラガルド総裁会見を受け、€ドルは上昇
・21日線=1.22ドルちょうど付近が意識
・1.20ドルまで調整の可能性も指摘されていたが、1.22ドル台を回復し、同水準を固めれば、1.25ドルを目指す可能性も


何気にドル円の戻り売り最強だった(^^)


ECBは本日の声明で「PEPPの全範囲を使用する必要は無い」と述べてた
市場からは感染拡大が一向に収束の気配を見せずドイツ等が部分的都市封鎖の延長措置を講じてる割にはECBはハト派色の薄いスタンスを採用したとの印象が広がってる模様
また直近のユーロ高に対するECBのスタンスも注目だったがラガルドECB総裁は会見で「為替レートを監視してる」と繰り返し述べてた
ECBもユーロ高を気にしてる姿勢を垣間見せてたが市場からはECBが急激なユーロ高を抑える為には中銀預金のマイナス金利を深掘りする以外に選択肢は無いとの意見も出てる
但し現段階でその様な措置をECBが採用する可能性は小さいと見られてる模様


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




さてさて週末だお。
今日もバッチリ稼いでいくお!
yaruyarapc
 今日が終われば明日は休みだな。
 ラストまで頑張っていこう。

暫くは引きこもってトレーディングでも
 
ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理




現在よく読まれている記事: