1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


2020年12月09日06時09分取得:
fx_1209

dau_1209
やる夫今日のポイント:
ブレグジット協議はまだ継続中
→9日も突然の材料に注意
→EU筋は合意に至らない可能性との見方あり
→英国は国内市場法案から国際法違反の部分を削除するなどわずかに妥協姿勢も
→ただ漁業権などで相違が残っているため、本当に合意できるかどうかは不明(今までの流れからすると中断、延期の流れでポンド下げ)
英国でファイザー社のワクチン接種開始
→今後の展開に要注目
米中関係悪化に関しては今のところ新たな材料無し
→米株指数は上昇
08時50分 日)10月機械受注
10時30分 中)11月消費者物価指数
17時00分 阿)11月消費者物価指数
24時00分 加)カナダ銀行政策金利

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 8日はブレグジット絡みの材料が多数登場。
 市場は再び合意期待に傾いているようだお。
 ただ双方が妥協したような発表をしているところは、深刻な相違が残っている部分ではないため、個人的には協議中断、延長なのではないかなと予想しているお。
参考ソース:フォンデアライエン欧州委員長と英首相、9日に協議-英EU通商交渉


 また英国で90歳の方にファイザー社のワクチン接種が開始されたお。
 これにより今後感染者数や死者数が減っていくのか要注目かと。
 次いで米国でも使用許可、日本でもと動くと思われるお。


 米中関係や米追加経済対策に関してはあまり大きな材料無し。
 こちらは様子見中だお。
yaruo_pc






1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございます。


 8日はポンドが上下に動いたが全体的にはあまり動きのない1日だったな。
 本日はトレンドが出来るくらいもっと大きく動いてくれるのを期待したいがどうだろう。


 やる夫も書いているが米経済対策は再び揉めている模様。
 こちらはやはりバイデン氏かトランプ氏のどちらが大統領になるか決定しないと始まらない気がするな。
参考ソース:共和マコネル氏、米経済対策の譲歩案示す-民主シューマー氏は反発


 金価格はジワジワと上昇中、1オンス1870ドル。
 原油価格は1バレル45.7ドル。
 ビットコインは200万円付近で特に動きがないな。
yaruo_yaranaidrink





現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です






【ポンド】
・£ドルは1.33ドル台半付近での推移
・英・EUの貿易協議は依然として難航
・国内市場法案から、国際法違反の条項を削除し、ポンドは買いで反応したが上値を抑えられている
・ただ、市場は合意への期待を温存しており、底堅い動きを継続


【ドル】
・ドル円は104円台前半での膠着が継続
・NYは、やや「ドル買い」優勢でドル円をサポート
・目先の景気不安感は高まっている一方でワクチン普及による来年の景気期待感も根強い
・ドル円は、21日線=104.35円付近の下での推移に留まる一方、103円台では買いオーダーも


【ユーロ】
・€ドルは1.21ドル台前半での上下動に終始
・今月に入り「ドル売り」が一服し、€ドルも上値が重くなっている印象
・一方で下押す動きはなく、10日のECB待ちといった雰囲気
・ドル売りの過熱感も指摘される中、ECB理事会の内容次第では1.20ドル程度までの下げも予想


ここから加速
・本日にBOC金融政策
・10日にECB金融政策、米FDA諮問委員会会合(ファイザーの新型コロナワクチン)
10日11日に、EU首脳会議
・来週に、日本(18日)、スイス(17日)、英国(17日)、米国(16日)の金融政策発表を予定
・来週17日に、米FDAが諮問委員会の会合(モデルナの新型コロナワクチン)


【英EU動向】
EU筋
・バルニエ氏は各国代表に、英と合意に至らない可能性が高いと述べた
ゴーブ内閣府担当相
・通商協議でEU側に動きがあることを期待
・合意することが目的だが、どんな対価を払ってもというわけではない
フォンデアライエン委員長
・ジョンソン首相と9日夕方に協議を継続する


英国、EU離脱に絡む国内市場法案から国際法違反の部分を削除
これを受け一気にポンドが買われてる
ポンドドルは一時1.33台割れまで下落してたが報道後は1.3380台へと急伸
ポンド円も138.50割れ水準から139.30近辺まで上伸


第3四半期米非農業部門労働生産性が前期比+4.6%
速報値の+4.9%から下方改定
これと共に米10年債利回りは0.91%台へと低下
ドル円は104.18レベルまで上昇したあと足元では104.05近辺へと押し戻される
同時間帯にはポンドドルが急伸する動きを見せておりこれがドル売り圧力を波及させた面もあった模様


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




 直近で大きく動くかもなと思っているので、数日張り付こうかなと思っているお。
 今日も頑張っていくお。
yaruo_fuun
俺も今日は張り付き予定だな。
ブレグジット交渉本当にどうなるかな。
水曜日、頑張っていこう。

一緒にトレーディングをしませんか?
やる夫・管理人共にオススメの書籍
 
デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術





現在よく読まれている記事: