1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


2020年09月10日06時11分取得:
fx_0910


dau_0910
やる夫今日のポイント:
新型コロナウイルス関連の材料及び各国の経済対策に注意
→アストラゼネカ社の治験は来週にも再開される可能性
→カナダ中銀も量的緩和を継続する方針
→米追加経済対策に関しては情報が出てこず、いまだ不透明
対中問題
→TikTok米事業売却回避を米政府と協議
ブレグジット交渉
→交渉は早期には打ち切られない模様だが、今後交渉がまとまるかどうかは不明
08時50分より日)7月機械受注
18時00分より阿)4-6月期四半期経常収支
20時45分より欧)ECB政策金利発表
21時30分より欧)ラガルドECB総裁定例記者会見
21時30分より米)8月卸売物価指数、新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数
26時00分より欧)ラガルドECB総裁発言

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 9日は米株全体、特にハイテク株などに押し目買いからの反発、原油、為替なども戻しているお。
 ただ今のところ状況が特に変わったところも無し。
 米追加経済対策も新たな情報は出てきていないお。
 1ドル105円を深く掘るような動きは出ていないものの、僕はまだ警戒中。
 ポンド円の戻しに関しても同様の見解だお。
 軽めにショートを入れつつ、まずかったら逃げる方針で動こうかなと思っているお。


 深刻な副作用と報じられたアストラゼネカ社の治験は来週再開する可能性があるようだお。
 ただそういった情報が出た事はとても不安なため、今後のワクチン承認にはさらに時間がかかる可能性があるのかなと見ているお。


 トランプ大統領は新型コロナウイルスのリスクを意図的に過小評価していたと自ら語ったお。
 パニックを避けたかったとのことだけれど、米国での新規感染者数、死者数は世界一の数字。
 これは批判が出る可能性があるお。(大統領選に影響があるかもしれないお)
参考ソース:トランプ氏、新型コロナのリスクを意図的に過小評価したと自ら語る


 本日はECBの政策金利発表及びラガルドECB総裁発言が控えているお。
 現在の金融政策を大きく変えるような事はないと思われるけれど、発表内容次第ではユーロに大きな動きが出る可能性あり。
 付近では十分に注意しておきたいお。
参考ソース:中央銀行の政策金利と市場織込み度について


 ブレグジット絡みでは英国と欧州の貿易交渉で衝突が続いている模様。
 交渉の早期の打ち切りは国際法違反としてEUが交渉を打ち切らないことを表明したものの、この問題がどうなるかはまだ不透明。
 場合によってはハードブレグジットとなる可能性もあるので、ポンドの動きには十分に注意が必要だお。
yaruo_uunn


 



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございます。


 9日米国市場は先物市場の流れを引き継ぎ大きく反発したな。
 やる夫も書いているが原油価格も1バレル37.8ドルに回復。
 ただ金価格も上昇し一時1オンス1950ドルを超える場面もあった。
 今のところ先行き不透明な状況に変わりはないなという感想だ。
参考ソース:米国株、ダウ反発し439ドル高 主力ハイテク株に押し目買い


 ただワクチン関連ではプラス材料も出ており、ファイザー社は独企業と共同開発中のワクチン治験が早ければ10月にも当局に審査を申請する見通しとのこと。
 FDAは政府圧力に屈せず審査は厳格に行うと発表しているがどうなるか。
 ワクチンが効果的であれば市場は再びリスクオンに戻す可能性が高いな。
 今後の報道に注目したい。


 8日頃よりドコモ口座からの不正引き出しの報道が相次いでいる。
 この件は去年の5月頃には同様の問題が起きていたとのことなので、現在引き落としがなくても既に紐づけが行われている可能性も否定できない。
 ドコモ口座保有の有無に関わらず被害を受ける可能性があるので、対象銀行を使っている場合は記帳確認を怠らないようにしたいな。
関連記事:【えぇ・・・】ドコモ口座、去年の5月から問題を放置していたことが発覚

yaruo_yaranaidrink





現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です




 



・ポンドは、英政府がEU離脱協定
の一部の無効化につながる法案を提出したことを受け一時下落
・その後、EUが交渉を打ち切らないと伝わったことで持ち直し、反発の動き


【通貨間の強弱関係】20.09.09
豪ドル⇒ユーロ⇒ポンド⇒ドル⇒円
・前日のリスクオフモードの巻戻しを受け「円売り」「ドル売り」の展開
・リスク感応度の高い豪ドルが、原油反発もあり堅調
・ポンド売りも一服し、反発するも下げ幅からは限定的


【周辺市場概況】
ダウ平均  27940.47(+439.58)
CME日経 23185(大証比+215)
ナスダック 11141.57(+293.88)
米10年債 0.698(+0.014)
NY原油10月限=38.05(+1.29)
株高・金利高・原油高と前日のリスクオフモードから一転反発!


現在の通貨市場の値動きを見切るのは非常に難しく、今回のような場合は米国株を買い戻したためドルを売って米株買いでドル売り方向へ進んできたとみています。
株安のファクトが米株だけに限った話だったためであり、全世界共通のリスクオフ局面では安全資産であるドルや円へは変わらないとみてる。


10日五十日
ECB金融政策発表&ラガルド総裁記者会見
明日225のメジャーSQ


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




さてさて木曜日だお。
あと二日頑張ったらお休み、今日も張り切っていくお。
yaruyarapc
 休みまでもう少しという時は結構気分が晴れるよな。
 今日も頑張っていこう。


やる夫オススメ書籍「ザ・トレーディング」の要点を理解するためのサポート書
 
ザ・トレーディング ワークブック


やる夫・管理人共にオススメ トレードの教科書的本
 
ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理





現在よく読まれている記事: