1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


2020年06月18日05時52分取得:
fx_06182

dau_06182
やる夫今日のポイント:
新型コロナウイルス関連の材料及び各国の経済対策に注意
→米国で新規感染者数の増加報道、北京でも警戒が強まっている事からリスク回避の円高気味
→パウエルFRB議長は財政支援に効果を感じながらもマイナス金利導入には否定的、YCCに関しては決断しておらず
→米国指標は回復傾向も予想よりは悪化しており株価は上値が重い
→ペンス副大統領の発表では入院者数や死亡者数は縮小とのことだが新規感染者数が非常に多いまま経済再開、デモなどが起きているため今後の報道に要注意
→ニューヨーク州は22日に経済活動の第二段階へ移行
米中関係
→トランプ大統領がウイグル人権法案に署名
英欧関係
→バルニエEU主席交渉官によると英国は経済問題だけを協議したがっているとのこと
→交渉は難航する可能性?(個人的見解)
日米関係
→ライトハイザーUSTR代表は日本と第二段階の交渉を数か月以内に開始すると述べる
07時45分より豪)1-3月期GDP
10時30分より豪)5月新規雇用者数、失業率
16時30分より瑞)スイス国立銀行3ヶ月物銀行取引金利誘導目標中心値
20時00分より英)BOE金利発表、英中銀資産買取プログラム規模、MPC議事要旨
21時30分より米)6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数
23時00分より米)5月景気先行指標総合指数


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 17日のパウエルFRB議長発言では特に新しい材料は無し。
 第二波懸念への影響も広がりつつあることから、為替相場は円高気味なリスク回避、株価も上値が重い状況が続いているお。
 現在ダウ先、日経先物的に微妙な動きでほぼヨコヨコ。
 ドル円は107円台を割っている(今週のレンジを円高方向にブレーク)ので注意したいお。


 経済活動を再開しつつあるアメリカはプラス材料ではあるものの、米中、中豪、香港、北朝鮮で衝突が続いており、大幅な緩和が無ければ相場はリスク回避に走っていてもおかしくない材料目白押しだお。
 週末は米国MSQという事もあり、株価・為替ともに大きな変動が起きる可能性もあり。
 十分に注意しておきたいお。


 英国・欧州ではブレグジットに関して交渉が行われている模様。
 英国側としては経済的メリットだけを残して離脱したいだろうけれど、欧州としてはそういうわけにはいかず。
 交渉は難航しそうな雰囲気が漂っているお。

yaruo_pc






1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございます。


 パウエルFRB議長発言の発言中には特に大きな動きはなかったが、発言後~朝方にかけて少しずつ相場は下げてきたな。
 以前も似たような状況があったが、追加経済対策があれば相場は上げ、無ければ下げるような状況に入っているかもしれない。
 これからの追加経済対策に関して、共和党議員の多くは導入済みの措置による効果を見極めるために次の支援は控えるべきとの主張。
 ホワイトハウスと民主党は追加経済対策に前向きであることから、次の支援までは少し間が開くかもしれない。(もしくはちゃんと前振りがあるか)
 またやる夫も書いているが週末MSQは意識していきたいな。


 欧州株は続伸しており追加刺激策に期待との報道が出ている。
 欧州首脳が復興基金について協議する準備を進めていること、域内では新型コロナウイルスの被害が減少しつつあることなどが好感されているようだ。
 ただ一部からは景気刺激策が遅れるだろうとの見方も。
 復興基金の一部に対して反対している国もあるのでまとまるかどうか次第だな。


 米国での感染者数増加やデモなどによりトランプ大統領の支持率は落ちているかもしれない。
 マスコミ報道(世論調査)には疑問に思うところも多々あるが。
 ボルトン前大統領補佐官が近日発行予定の著書で、トランプ大統領が中国の習主席に対し、米国農産物の大量購入で自分の再選を支持するよう「懇願」していたとも暴露しているとのこと。
 中国がトランプ大統領の二期目を支持する発言をしたこともあり、上記の疑いが出てきている。
 大統領選挙が相場に与える影響は大きいため、今後の報道には要注意だな。


 中国とインドは国境紛争問題をエスカレートさせない事で合意と発表された。
 こちらは死者も出ており、どうなる事かとヒヤヒヤしたが一旦まとまったようだ。


 任天堂の株価が非常に好調の模様。
 巣ごもり需要が影響したとのこと。
 今も任天堂スイッチは6万を超える値段がつくなど、品薄が続いているようだ。
 ポケモンスナップの新作も発表されたこともあり、今後更に業績が伸びる事を期待したいな。


 金価格はウロウロしているものの、この時間帯にはいつも1730ドル付近。
 ビットコインもほぼ横ばいで100万円付近。
 原油は第二波懸念と景気回復期待、原油生産量減少等に揺られて37-38ドル付近でうろうろしているな。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です








【通貨間の強弱関係】
円⇒ドル⇒ユーロ、ポンド、豪ドル(ほぼ横並び)
*感染拡大、感染第二波警戒をトリガーに、株安・金利安・原油安のリスク回避ムード⇒「円買い」「ドル買い」


【ポンド】
*£ドルは1.25ドル台前半まで一時下落
*英CPIは、前年比0.5%と前月の0.8%から更に鈍化⇒今週のMPCで追加緩和発表との見方が加速
*ただ、ポンドはすでに織り込んでおり、反応については未知数で、会見などでマイナス金利のヒントが出るかどうかが注目との声も



【ドル】
*NY終盤にダウ平均の下げが加速し、一時200ドル超下落⇒「円買い」強まり、ドル円は一時107円割れ
*先行きへの楽観視と感染第2波への警戒の綱引きの中、市場は調整の動きが継続
*パウエル議長の議会証言への反応は限定的



【原油】
NY原油7月限=37.96(-0.42)
*世界的に新型コロナ流行拡大が収まらず、石油需要の回復見通しが後退
*EIA週報で原油生産量が一段と減少、製油所稼働率が回復継続が下値をサポート
*時間外取引で37.21ドルまで軟化⇒プラス転換⇒失速し、マイナス圏に


米株も揉み合い


ドル円に売りが強まっており107円を一時割り込んでる
米株式市場でダウ平均の下げが加速しており下げ幅が一時200ドルを超えた
その動きを受け円高の動きがドル円を下押ししてる模様




1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




さて木曜日。
土日までもう少しだし頑張るお。
yaruyarapc
 頑張っていこう。





現在よく読まれている記事: