1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2019年9月3日07時50分取得
fx_0903
やる夫今日のポイント:
中国が米国をWTO提訴、米中の更なる衝突に注意。
ジョンソン英首相がブレグジット強行発言。ポンド売り(現在は下げ止まり中)。
13時30分より豪中央銀行政策金利発表、23時よりISM製造業指数の発表

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 先日(2日)は米国がレイバーデーでお休み。
 週明け一瞬105円台に突入する場面があったものの、その後は窓埋め、方向感のない展開が続いていたお。


 中国商務省が米国をWTO提訴、9月1日から実施した追加関税第四弾が対象とみられ、米中関係は今後さらなる悪化が懸念されるお。
 (中国も米国と同時タイミングで報復関税を導入しているので、そちらに関しても関係悪化が懸念されるお。)


 ブレグジットに関してジョンソン英首相は以下のように発言。
「ブレグジット延期は無益」
「私は総選挙を望まない」
「10月31日までにEUを離脱しよう」
参考ソース(トレーダーズ・ウェブ):https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20190903-00000013-dzh-fx

 ベンス副大統領も
「アイルランドと英国の安定的な関係を推し進める離脱案を支持する」
「アイルランドの特別な要求をより理解するように努める」
 と発言しており、10月31日(もしかすると合意のない)ブレグジットの可能性は濃厚になりつつあるお。
 この件を受けてポンドは下落、現在は下げ止まったようだけれどこの後どうなるか。


 コンテ伊暫定首相が「減税を実施するために財政政策に一身に取り組む」と発言。
 イタリアの政局不安は少しずつ落ち着きそうな様子かお?

yaruo_pc






1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 トランプ大統領は中国との交渉はうまくいっていると時折発言するが、中国側の反応を見る限り本当にうまくいっているかどうかは懐疑的だな。
 中国が米国をWTOに提訴したこともあり、交渉は不透明になっている。
 また通商交渉の次回会合日程がいまだ設定されていないことも、不安材料のひとつだな。
 現在のところ「必ずしも中止の兆候ではない」とは発表されているが、もし中止となった場合市場は一気にリスク回避に動く可能性があるため注意が必要かもしれない。


 ECBはFacebook社が開発している仮想通貨「リブラ」にたいして懸念を強めている。
 ECBメルシュ理事はリブラについて「魅力的」だがECBといった当局機関の発行する貨幣を防衛する上では「危険」との認識を発表。
 今後も政治的な面から仮想通貨への風当たりは強そうに思えるな。
 先日(2日)100万円を割れそうであったビットコインは少し値を戻し、現在110万円台で推移している。


 日本でのタピオカ市場はかなり大きな物になっている様子。
 7月の「タピオカ」と「タピオカ代用物」の輸入量は前年の5.2倍にも。
 8月に入り「ブームに陰り?」「次は〇〇が流行る」などといった記事もたまに見かけるようになったが、新商品数、出展店舗数、SNSなどを調査する限り、いまだその人気は健在のようだ。


 香港デモは毎週のように過激さを増している。
 デモの先導者が襲撃されたり、拘束されたりといったニュースも入ってきており、予断を許さない状況だ。
 仕事や観光で香港を訪れる場合は十分に注意しておきたいな。


 ちなみにジョンソン英首相は「総選挙を望まない」との発言だが、離脱3ヶ月延期法案が可決ならば、10月14日の総選挙を検討しているとのニュースが入ってきている。
 果たしてどういう結果になるのか、どちらに転んでも大きな動きがある可能性があるので、今後の情報に注意しておきたいな。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です







日本は…外需❌内需❌
外需❌
9/2
製造業の設備投資、2年ぶり前年割れ 4~6月6.9%減
米中貿易戦争が影響
⇒機械、設備投資関連下落
内需❌
日本の消費マインド悪化
・消費税 増税
・年金問題
東証1部 売買代金
今年最低
外需も内需も買えない ⇒ 5年4カ月ぶり薄商い
※米休場だけの問題ではない


中国当局の関係者の匿名報道
・9月予定の劉副首相らの訪米による通商協議について、具体的な日程はまだ決まっていないが、中止の兆候もないとして、実施の見込み
・新たな関税延期主張の中国と、交渉までのある程度の数値目途を求める米国との間で合意ができていない様子



・12日のECB理事会は、予想以上の大幅な利下げ観測浮上で、ユーロドルは一時1.0958ドルと約2年3カ月ぶりの安値⇒「ユーロ売り・ドル買い」
・英政局不安⇒「ポンド売り・ドル買い」
・中国のWTO提訴&9月の米中会合懸念⇒「円買い」
結果、「ドル買い」&「円買い」でドル円は底堅くも上値重いまま



豪ドル円 71.30円近辺、今日・明日は豪州から重要イベント多数


朝のドル円注文、106-106.50、NY休み明けでナカネやや外貨買いあり、日経先物-40、米中貿易戦争、英のEU離脱、日韓問題の中で株の下げは日経が主役。今日もオーストラリアフェア、米ISM製、トルコCPI、南アGDP、秋の為替へ


米中貿易協議難航、WTO提訴からなんかドル円の上値が一気に重たくなった気がする。
ダウと日経平均先物が元気になれば一変しそうだが、そんな雰囲気もない。
昨日に引き続き戻り売りのスキャルやな。



🇺🇸休場
ダウ- 26,403.28 ±0(0.00%)
NASDAQ- 7,962.88 ±0(0.00%)
S&P500- 2,926.46 ±0(0.00%)
🇯🇵日経225先物↓ 20,550 -40(-0.19%)
CME日経¥20,580(8:11)
ドル円 106.19
🇺🇸:休場
🇯🇵先物:続落



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


そういえば先日(2日)の日本市場は5年4か月ぶりの超閑散相場だったとのこと。
yaruyarapc
 ネットでも懸念の声が出ているなー・・・。





現在よく読まれている記事: