10man












1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

050

 少し(といっても○0年くらい前)の日本経済の話をしようかなと思う。

 あのころ景気は面白いくらいまわっていたし、先行きに不安も一切なかった。

 どうしてそんなに景気がよかったのか。
 そんな昔の話を聞いてどーするの?って思うところもあるかもしれないが、歴史を知るって事はなかなかどうして面白いし、今後こういう風にやればひょっとしたら景気回復のアイデアになるかもしれない。

 ・・・とはいっても管理人も大分うろ覚えが入るし、多少ぼかして喋るから、年寄りが妄言でもいってるんだな・・・と思ってくれても構わない。(ちょっと知ったかも入るから変だと思ったら遠慮なく突っ込んでほしい)

 ちょっとでも皆様の何かのアイデアになればなー・・・といったところだろ。


Authored by 稼げるまとめ速報管理人



2: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

031
 管理人完全に年バレするお?www

 しかも完全にまとめネタじゃないけれど、いまどきこんなネタを2chで語れる層はネットをやっていないんだおねw

 ちょっと面白そうだから年寄りが何か言ってるくらいで聞いてあげてほしいおw


3: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

032

 それじゃ、はじまりまじまり~!


 それはちょっと・・・、いや大分昔の日本経済のお話、管理人もまだ小さな頃だった話。
 昔の物価はおかしな程高く、家なんてとても買えないくらい高かったのでサザエさん的な家庭が当たり前だった時代だ。

 当然独身男性は皆寮、戸建てに住んでいる人なんてマレで持ち家なんかある人は相当なボンボンか、親からの遺産か・・・ってはやされる程度にものすごい状態だった。

 しかしながら、そんな状態でも国民は将来に不安がなかった。
 国民年金でなんとかなるさとか、定期預金の利率も4~6%とバカみたいに高く、ある程度積み立てたらあとは放っておいても(複利でものすごくお金が膨れ上がるため)老後は安泰になったからだ。

 だから若者は皆、消費にものすごく積極的で、何でも買った。

4: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

009

 ほうほう、確かに超高級品は買えない、かといって老後は安定、昇給も確実ってなるならある程度貯金はしつつ消費しようっていう発想が多くなるかもしれないおね。

 特に昔は終身雇用が当たり前の時代、会社もお金にはおおらかだったし、圧倒的に使いまくる人が多かった気がするお。

5: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

007

 今の高齢者達が毎年のように若者の○○離れって言葉を作り出しているだろ?
 あれが理解できるのは、その当時の若者がみーんな将来に不安を抱いていなかったので、宵越しのお金を持たないほどに給料を使いまくったからだ。

 隣の寮のおじさんなんて、給料日からたった5日でほぼ全部使い切って、あとは寮の仲間とパンにバターを塗って仲間と給料日まで過ごすってのがよくあったらしいw

 それくらい日本経済は発展していたし、皆お金に対しておおらかでバンバン使うのが当たり前だったわけだ。

 どうせ家なんて買えないし実家があるから車を買うのは当たり前、毎晩飲み明かすのは当たり前、服やぜいたく品も買って当たり前って時代だな。そして国内需要はまわるまわる、非常によくなる。企業も人をバンバンやとったし、金持ちは土地投機をやりまくりでどんどん価格がつりあがる。まさにバブルって感じだな。

6: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

008
 銀行もそういった土地を担保にお金をバンバン貸し出した。

 しかしながら土地価格が大きく変動しはじめ(大蔵省の総量規制、日銀の引き締め、後の消費税導入等)、銀行の経営状態は悪化、貸し渋りや金利の低迷、雇用の縮小、企業のコストダウンなどがはじまるようになった。
 当然内需は落ち込み、一気に日本は失われた20年へと突入していくことへとなる。

 もちろん、初期の段階ではまだ持ち直すかもしれないと考える企業も多く、対策に打ち出さない企業も少なくはなかった。
 その結果は・・・、多くの負債を抱えて倒産しまくったわけなんだがな。


7: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

006

 で、結局今どうなっているかというと、将来に不安を抱え、雇用にも給与体系にも不安がある若い世代が残されたわけだ。
 高齢者からすると、これらの層が大量消費してくれないことには景気が回らないことが何となくわかっている。そのため若者の○○離れみたいな言葉がよく生まれる。

 しかし現代の若者は年金の崩壊や現状の生活で手一杯になってしまっていることも多く、将来に対して不安が大きいため貯蓄に走ることが多い。また雇用も不安定で、どんどん正社員がリストラ、派遣へと移り変わっている。

 結果として内需はとても落ち込み、さらなる不況を招いてしまっているわけなんだが・・・。
 これを打開するために、政府は福祉の充実や内需の拡大、企業体力の回復などをやろうと躍起になっている。現在の円安は企業体力の回復(輸出業・国内需要回復として)を焦点に対策を取っている。
 企業の体力回復によって国内雇用力の回復、そして福祉を充実させることにより若い世代がより安心してお金を使ってもらえるようにしようとしている・・・というところか。(消費税増税は少しタイミングが早かったかもしれないが)

 だから何だかんだいって、今の政府がまるで景気対策をしていないわけじゃないんだ。
 むしろこのあたりは民主政権のころが非常に酷くてほとんど何もしなかった(というか改悪が多かった)といってもいいかもしれないな。

8
: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

008

 まぁ政府がそのようにしてお金を使う体制をどんどん作っていき少しずつ若者にお金が回り始め、やっと景気が回復していくようになるので、「アベノミクスがたった2年で作用しない!」というのは流石に時期尚早である、というわけだ。

 と、まぁこんな感じで軽く昔の日本経済から今までざっと振り返ってみたがどうだったかな?

 もしまた需要があれば、年代別にわけで少しずつ解説をしていこうかな・・・と思う。
 ただ管理人も幼かった時代があり、当然そのあたりは勉強して・・・となるのである程度知ったかになるかもしれない。
 その場合は参考文献を明記して、まとめて行きたいとおもうだろ。

 ・・・てか経済大学に入りなおしたくなってきたなぁ。
 もっとちゃんと勉強しとくんだったよ。

10: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

031

 ちょっと昔の教科書引っ張り出してきて調べてきたけれど、大体そんな感じでいいと思うおっお?

 まぁ小さいころの記憶だからあやふやしているところもあるけれど、給料を5日で使い込むこち亀の両さんみたいな人が沢山いるってところは真実味があって笑えたおw

 それだけ消費が激しければ確かに経済が回るってのは納得できるおね。
 すぐに効かないのはわかるけれど、今回の景気対策は確実に動いているというのも何となくわかるお!

 それは管理人のやってる副業(中国へ化粧品の輸出業)をみてもわかるお!
 焦らせるつもりはないけれど、やる夫達の世代にも間に合ってくれるといいおね。

11: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


032

 だな、若い世代が将来に不安を抱かず将来に希望をもってバリバリ働ける時代、バブルとまでは行かなくても、雇用形態に違いは出たとしても、なんらかの方法でお金がまわるような社会になってくれると嬉しいところだ。

 今後も日本経済は要チェック、この対策はいいのか悪いのか、色々と研究していきたいと思いますだろ。

 しかしやはり専門でやっていないからもう完全に知ったかやってるところもあるので、その辺はもしよかったらご指摘頂けますと幸いです。
 時間が許すなら通信ででも経済学やり直すかなぁ。。。お金も暇も足りないだろ。

 管理人がその手の専門になれればさらにこのブログも面白くなるのにな。