1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


2020年05月19日06時19分取得:
fx_0519

dau_05192
やる夫今日のポイント:
新型コロナウイルス関連のワクチン報道や各国の経済対策に注意
→モデルナのワクチン報道により期待感が大きく広がる、全体的にリスクオン
→米中対立も時々報じられるものの下げは一時的か、基本的には上げムード
→米国要人もワクチンに反応した発言、物事が戻り始めた
EU
→5000億ユーロ規模の新型コロナウイルスの復興計画を検討
→ユーロ・ポンドに戻りあり
メルケル独首相
→EUで共同のウイルス対策を採用しようとしている
→ドイツ議会は復興基金を承認する必要
07時45分より豪)1-3月期GDP
10時30分より豪)金融政策会合議事要旨
15時00分より英)4月失業保険申請件数、3月、4月失業率
18時00分より独)5月ZEW景況感調査
21時30分より米)4月住宅着工件数、建設許可件数
23時00分より米)パウエルFRB議長発言

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 おはようございますお。


 18日は主にワクチン報道による期待感の大幅な上げ。
 米国要人もそれに乗っかった発言を行い、上昇速度が加速したお。
 ただ管理人も書いているけれど、ここから失敗報道が出る可能性も否定できず。(水を差したいわけではないお)
 今後の報道には要注意かなと思うお。


 またパウエルFRB議長は18日の朝に「出来ることは何でもやる。弾切れはない。」と発言。
 本当にコロナウイルス騒動が終了するまで緩和を続けそうな雰囲気なので、ここから下げを期待するのは少し厳しくなってきたのかなと思うお。
 ただ実体経済のほうはかなり悪化が続くと思われるので、時々下げ局面に入る事はあるのかも。
 流れにうまい事乗っていきたい相場だお。


 OPECプラスの5月原油輸出が大幅に減ったとのこと。
 過去最大の減産が反映されたということで、原油価格の上昇にも影響を与えているかもだお。


 欧州もさらに経済対策追加を提案。
 仏独がコロナ復興基金に返還義務なしの5000億ユーロとのことだお。
 これらにより欧州通貨・株式市場共に上向いているお。
yaruo_uunn






1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku



 おはようございます。


 昨日は凄い上昇だったな。
 この報道によって金価格も下落しているため(といってもまだ1730ドル台だが)、市場はリスクオンに向かったようだ。
 ただしやる夫も書いているがモデルナのワクチンはまだ第1相試験であり、少人数を対象としたもの。
 今後あまり良くない報道が出る可能性もある(もちろんいい報道が出る可能性もある)ので注意しておきたいな。


 WHO総会にて中国の習金平国家主席は「中国でワクチンが開発され利用可能になれば、世界の公共財とする」と発言。
 「開発途上国もワクチンを利用できるようにするための中国の貢献だ」とも語っている。
 ワクチン開発によって中国の影響力を更に広げたい意向のようだ。
 また中国の石油需要はコロナ前の水準を回復とのこと。(関係者談)
 新型コロナウイルス感染者数の報告に疑問が残る中国だが、経済は回復に向かいつつあるようだ。


 ドイツでは観光目的の海外渡航解禁を検討と報じられている。
 18日のドイツでの新規感染者・死者はかなり少なくなっているようだ。(ただし19日は再び増加しているが・・・)
 ノーガードを続けるブラジルは感染者数が世界4位に浮上しようとしている。
 米国の新規感染者数・死者数もあまり減らないな。


 世界は少しずつ経済回復に向けて動き始めている状況だな。
 ただまだ有力な薬やワクチンがあるわけではないので、社会的距離はしっかりとっておきたいな。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です








下がったゴールド買うぽん
米ドルがもったいないから、ゴールドは国内ETFぽん


SBI証券 北野一氏
「S&P500のPERは23倍のレベルに来ている。これは30年間のレンジでいうと上限にきている。」
「これ以上のレベルは期待しずらく、いい材料が出ても反応できない局面が今後でてくるのではないか」



NY株式市場
市場からは感染第2波の大きな影響が出ないと明確になるまでは市場も一喜一憂するとの見方や過去最高の失業率や小売売上高の急減など最近の一連の経済データは州が課した事業閉鎖が米国経済にどの様に影響を与えたかを示してるとの慎重な見方も出てる
然し本日は先行き期待感が上回った模様



【ポンド】
*£ドルも6日ぶりに反発し、1.22ドル台を一時回復
*ただ、途中から上値が抑えられ、市場の一部からも、英中銀のマイナス金利の可能性については完全には排除できないとの警戒感も



【ユーロ】
*€ドルの買い戻しが加速し、1.09ドル台を回復
*5000億ユーロ規模の復興計画を検討報道を好感
*5月のユーロPMI速報値は、改善を見込んでいるようだが、予想通りの改善を見せたとしてもユーロの持続的な上げには繋がらないとの見方も



【ドル】
*他通貨に対しては「ドル売り」ながら、リスク選好の「円売り」がドル円をサポートし、ドル円は107.50水準まで上昇
*ただ同水準以上には慎重な気配
*ドルと円が同方向で動く中、狭い範囲での値動きが続き、OP市場では1週間物のボラティリティは、2月下旬の水準まで低下



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku





僕はあまりPERを信用しないので・・・。
慎重目線だけれど株価は上がるんじゃないかと思うお。
yaruyarapc
 俺も波についていく方向でいくかなー。
 今日はどんな材料が出るかな。





現在よく読まれている記事: