1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


2020年5月8日14時24分取得:
fx_0508


dau_0508
やる夫今日のポイント:
新型コロナウイルス関連の悪材料及び各国の経済対策に注意
→米国失業者数が予想以上に増加
→米国要人でも経済回復強気派、弱気派で意見が割れる
→世界的には経済再開方向、今後再ロックダウンにならないか注意する必要あり
米中関係
→米中貿易担当者が経済協力強化で合意、報道を受けてアジア株、ダウ先は上昇中
20時00分より欧)ラガルドECB総裁発言
21時30分より加)新規雇用者数、失業率
21時30分より米)雇用統計
仏、英は休場

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 お疲れ様ですお。


 最近そこまで大きく株価が動く事は少なくなってきた感じだお。
 今日の雇用統計も大幅に悪い予想が示されているけれど、市場はほぼ織り込み済みかと。
 大国から大きな材料が出てこない限り、一気に下げるといった事はなさそう。
 ドル円は再び106円台半ば。
 恐怖指数も下がっているため、105円からさらに下げるといった展開は今のところ無さそうな感じだお。
 ユーロ、ポンドに関しても一旦大幅安の動きは落ち着いているお。


 米中は電話協議にて通商合意とのこと。
 貿易関連でマズイ問題が出てくるかと思っていただけに、この早さでの進展は意外。
 報道を受けてアジア株、ダウ先は上昇。
 どちらがどんな内容で譲歩したのか非常に気になるところだお。


 米ミシガン州とカリフォルニア州が製造業再開とのこと。
 世界各国で少しずつ経済は再開されていっているお。
 ただまだまだ感染者数はあまり減らず、今後もどうなるか不明な状況。
 航空会社や旅行業界は今後も苦しい展開を強いられそうだお。
yaruo_uunn





1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 お疲れ様です。


 ワクチンや治療薬が登場するまでは、経済再開→再ロックダウン→経済再開と繰り返しそうな気がするかな。
 市場はそのあたりまで見越して今の数字なのかどうか。
 とりあえず今は「感染症が大幅悪化して経済がかなりの期間停滞する」という事はないという予想で動いているような雰囲気だが・・・。


 トランプ大統領は経済再開に関しても少しトーンが落ちている。
 (口調は強気だが、「経済再開時期への言及」「他国への圧力」といったことが少なくなったの意味)
 米中電話会談も早期にまとまって終わったようだしな。


 金価格は再度1717ドルまで上昇。
 ビットコインは再び100万円台乗せ、こちらは大きな上昇が続いているな。
 サウジの原油の値引き幅減少で上昇していた原油価格の上昇は一旦落ち着き、現在は24ドル台で推移しているな。


 相場とは裏腹にマズイ情報しか出てこない実体経済。
 世界的に影響が出るレベルの大きな会社が倒産した等といったニュースはまだ出ていないが、今後も注意が必要かと。
yaruo_yaranaidrink




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です







さて、米雇用統計までまな板の上の鯉状態なので遊びまくる( ^ω^ )
EAは昨日と今朝で全部止めた
米株は全部売ってあるし
今は、金ETFぐらいしか持ってない


ホーガン委員
*英国との離脱交渉は遅々として進んでいない
*英国側が成功する計画を用意して交渉に向かう兆しは見られない
*移行期間は1─2年延長可能だが、英国側が6月末までに要請する必要
*6月末までの交渉は5月11日および6月1日からの1週間の2回のみ



●マーケットは、米金融当局が来年マイナス金利を導入するとの観測を市場が織り込み始めている。
●米 マイナス金利を導入するとの観測により続伸したのが、ドルや円がではなく豪ドル。
●大きなトレンドを作っているユーロ豪ドルを筆頭に豪ドル円、豪ドル米ドルなどの押し目買い戦略で臨みたい。



昨日からドル円は106円台でもみ合い。米雇用関連指標に対する動きも鈍いですね。米金利市場は12月のマイナス金利化を織り込み始めました。レアルは大幅利下げ、トルコリラは相変わらず脆弱性を狙った海外勢とみられる売りで最安値更新でした。今日もよろしくお願いします!




1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku




今日は週末で仕事も相場もなかなか忙しいお。
yaruyarapc
 雇用統計もあるしな。
 あまり動かないかもしれないが、それでも大きな指標なので注意しておきたいな。


やる夫オススメ書籍「ザ・トレーディング」の要点を理解するためのサポート書

ザ・トレーディング ワークブック


やる夫・管理人共にオススメ トレードの教科書的本

ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理






現在よく読まれている記事: