1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

2019年8月27日06時15分取得
fx_0827
やる夫本日のポイント:
トランプ大統領、中国の発言警戒が続く
ドイツ4-6月期GDP(改定値)発表、日本時間15時から

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 週明け、トランプ大統領の中国関税税率引き上げによる大幅な円高があったものの、その後中国側の歩み寄り(?)発言、トランプ大統領、ムニューシン財務長官の発言により米中交渉進展期待が増加。
 ドル円、クロス円共に円安に向けて動き始めているお。


 トランプ大統領は以下のように発言するも、中国は否定する等市場は混乱している様子。
昨日、中国側から交渉を再開したいと米国担当者に連絡あった。
中国から2回の電話を受けた、中国は取引を望んでいる。
 ムニューシン米財務長官は以下のように発言。
中国からのコメントを歓迎、協議の継続を期待。


 日本が米国からトウモロコシを買う事を強調する発言、米中交渉再開表明を行うなど、トランプ大統領の意識は選挙に向きはじめたのかなと予想しているお(選挙に向けて経済的にプラスになるように動くかも?)。
参考ソース(ロイター):トランプ米大統領、中国との通商交渉再開を表明 合意に期待

 なんとなく空気が円安に向き始めてきたのかな?と思う反面、何が起こるかわからないという不安が残るお。(予想としては米国歩み寄り、中国交渉強める?)
 大きな動きは期待できるけれど、難しい相場になったなと思うお。


 また本日は15時よりドイツ4-6月期GDP(改定値)の発表を控えているお。
 欧州通貨を触っている方はこちらも注意が必要だお。
yaruo_uunn





1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


 俺も昨日は何度もトランプ大統領、中国の発言にやられたな。
 まぁ気にしていても始まらない事ではあるが。。。
 

 為替相場以外では。


 G7にて世界経済の下振れリスクが話し合われ、リスクを巡り万全の対応で一致したと安倍首相が発言している。
参考ソース(ロイター):G7、世界経済の下振れリスク巡り万全の対応で一致=安倍首相
 消費税増税に対して「十二分な対応」と述べているが、国内消費は相変わらず弱いため、さらに消費が冷え込む事にならないか不安は残るな。


 イラン問題ではG7にて進展があった模様。
 米イラン首脳会談の実現に向けて話し合いが行われ、一定の前進があったと報道されている。
 ただトランプ大統領が望んでいたロシアの復帰に関しては合意が得られなかったようだな。


 トランプ大統領はG7にて以下のようにも発言、こちらも各国相場に影響がある可能性があるので注意しておきたい。
米国は日本との通商交渉で極めて優位に立っている。
仏産ワインへの米関税、デジタル課税巡る協議次第。
貿易を含め多くの点でメルケル独首相と合意した。
G7は生産的だった。
ドイツ車に対する関税を考えなくてすむように望む。
EUと貿易について議論した。
メルケル独首相とはイランの核問題で合意した。
G7では対イランで結束した。


 ブレグジット絡みではジョンソン氏が強硬姿勢。
 「いかなる状況でも10月末に離脱」と発言しているが、英EU首脳会議は平行線をたどっており、来月再会議を行うとのこと。
 一時期解決(かグダグダ)に向かうかと思われたブレグジットが再度問題になりそうではあるな。


 ビットコインはほとんど値動きなし、108万円台(1万ドル付近)で推移している。
 資産を逃がす対象からは今のところ外れているのだろうか。
 レンジ的な動きが多いので、それを狙ったトレードもありかもしれないが、急騰・急落リスクもあるな。


 香港デモに関しては日増しに強いニュースが出てきている。
 先日(26日)には日本・大阪でデモが行われたとの話だが、その際中国人が動員されデモを妨害していたという話。
 国防動員法を懸念する声があがるなど、中国によるリスクに恐怖を感じた人が少なくないようだ。


damepo




現在よく読まれているニュース!:






以下ネットの反応です






・トランプ氏の発言が制裁拡大から交渉再開へとわずか数日間で目まぐるしく変わったこともあり、投資家の間には戸惑いも広がっている
・「米中交渉の行方について、トランプ政権の発言が二転三転しているため、投資家は態度を決めかねている」との声も


株・為替「トランプ劇場」😡
8/23 夜
トランプツイッター 連投
・米国は中国を必要としない
・中国以外の選択肢をただちに探し始めるよう米企業に命じる
・中国の関税に対抗
⇒急落⬇️
8/26 夕
トランプ大統領
「中国側が電話で交渉再開を求めてきた」
※中国は否定
協議再開する意向表明
⇒反発⬆️



ダウ平均  25898.83(+ 269.93)
CME日経 20,530.00(+269)
米10年債 1.538(+0.011)
原油 53.64(-0.53)
ドルID 97.960(+0.430)



08月27日(火)
今日のモーサテ予想レンジ
ドル円:105.0~106.5円
日経平均:20400~20600円



米中貿易摩擦の懸念が後退し、昨日104円台まで進んだドル/円の為替相場は、40銭近く円安に進み106円まで回復した。 これを受け、昨日の広く売られた外需銘柄の買い戻しが期待できる。


ダウは+269ドルと反発
中国と電話した、してないと情報が錯綜する中、米中協議再開期待で上げたらしい
ドル円は106円回復
日経平均先物20,540円
原油と金は最後下げたのね
とりあえず、9月からの関税が発動するか見極めてからでもいいのかね?



ドル円は思ったよりも底堅く106.10付近です。
上値も重いが下値も硬いという感じですね。
戻り上昇のチャートにフィボを引くとドル円・ユーロ円・ポンド円と全てフィボ23.6までしか戻していないため短期的には上昇ですね。
今日も昨日のように荒れるのでしょうか?では頑張ろう!



米中貿易問題茶番劇で?ドル円106円台に!
トランプ米大統領は日米貿易交渉の
自動車・同部品に新たな関税を課すことは
「現時点」では考えていない?ほんとに~
再び株価が上がればトランプtweetの恐怖か!



1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

うーん、本当にトランプ大統領劇場だお。
面白いと言えば面白いんだけれど、もうちょっと安定させて欲しいお。
jaa
 それは思うな。
 せめて一週間くらいは方向が定まって欲しいな。
 まぁ、切り替えて今日も頑張って行こう。






現在よく読まれている記事: