1: 稼げる名無しさん 2017/07/08(土) 05:40:02.19
 【ダラス清水憲司】米労働省が7日発表した6月の雇用統計(速報値)によると、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は、季節調整済みで前月比22万2000人増となり、前月(15万2000人増)から増加ペースが加速した。前月が低調だったため、米経済の先行きを懸念する見方も出たが、雇用情勢の改善が続いていることを示した。失業率は4.4%となり、前月から0.1ポイント上昇した。

 就業者数の増加は事前の市場予想(17.9万人増)を上回った。失業率は4.3%が予想されていた。

 今後のインフレ(物価上昇)動向を占ううえで注目される平均時給は前年同月比2.5%増で、前月と同水準にとどまった。失業率の上昇は、雇用情勢の改善を受けて職探しを始めた人々が増えたためとみられる。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は3月と6月に利上げを実施した。年内にあと1回の追加利上げと過去の量的緩和政策で膨らんだ保有資産の縮小開始を見込んでいる。

 雇用情勢の改善継続は確認されたものの、5月のインフレ率は前年同月比1.4%上昇でFRBの2%目標からは遠い。動向を見極めるため、今月25、26日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)は金融政策の現状維持を決める見通し。市場では、その次の9月会合で資産縮小開始を決定し、12月会合での利上げ実施が有力視されている。

7/7(金) 23:02配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00000127-mai-bus_all

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 昨日の米雇用統計のニュースだお。
 これを見ると来週もドル高円安な感じかお?
 一時114円台前半まで行って、そこから113.9円に落ちたけれど、来週始まったらまた伸びていきそうだお。
yaruo_uunn


1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 今のところ米国の政策や利上げを振り切って円高に転換するような大きなニュースは出ていないものな。
 まだ暫くは円安方向かなー。
yaruo_yaranaidrink


現在ホットなニュース!:











010mini


 記事途中にコメントが入ります。
 現在ONです。



以下2chの反応と管理人の反応です


2: 稼げる名無しさん 2017/07/08(土) 05:53:35.73 ID:st+vK9Ap.net
アメリカマスコミ・・・「公聴会で何もなかったけどロシアゲートばかり流す!トランプはとにかく悪い悪い悪い!」



001mini


 最近それもあまり影響が無くなってきた気がするお。
 トランプ大統領のtwitter影響力もそこまでになってきているし、落ち着いてる感じだお。
 北朝鮮リスクでたまに下げてる事もあるけれど、持ち直す事が多いなという印象だお。



6: 稼げる名無しさん 2017/07/08(土) 06:22:31.47 ID:kzqhNhmP.net
相変わらずアメリカ経済は好調だな

7: 稼げる名無しさん 2017/07/08(土) 06:27:37.83 ID:JaHRMHst.net
また日経は上がりそうだな。円安方向に動いてるし。

8: 稼げる名無しさん 2017/07/08(土) 06:33:39.51 ID:Jgk2fD7B.net
$\ Lで富豪やろ

9: 稼げる名無しさん 2017/07/08(土) 06:53:28.13 ID:Y+LBMlFj.net
130円

見えてきた

10: 稼げる名無しさん 2017/07/08(土) 07:07:38.08 ID:Q6rjuJzf.net
トランプに追い風

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 とりあえずやる夫は今週もサイト作りだっけ。
 どんな感じ?

yaruo_atsu
うーん、やっぱり考えながら書いてると色々時間がかかるお。
ちなみに内容なんだけれど、僕の個人的な経験から導き出された物が多くて
初心者向けサイトでよく言われている「定説」みたいなのと真逆の事を書いてたりする事があるお。


ちょっと1ページだけ公開するおー。




情報の精査の大切さ

FXを始めると、証券会社やニュースサイトから山のようにニュースが飛び込んできます。

最初のうちはそれら全てが気になってくるかもしれませんが、状況に応じて情報の取捨選択をすることが重要です。

 

 

状況によって変わる情報の重要性

例えば相場全体が大きな材料を頼りに動いているときには、小さな指標はほとんど影響がなく、軽く反応・もしくは無反応の事が多いです。

→例:トランプ大統領就任後に発表されたいくつかの重要度の低い指標

強烈な円安の動きにほぼ影響がなく、100円から117円まで安定して上昇

逆に相場に材料がなく、どちらにも動けないような状況が長く続いている時には、小さな指標で大きく動く可能性があります。

→例:丸一日ほとんど上下の動きが無かったあとに発表された重要度の低い指標、もしくは要人発言

 

 

 

筆者が特に重要視するもの

・政府や中央銀行の方針決定、利上げ、国際的な問題等

→長期で大きな流れを作りだし、数か月程度にわたって相場が一定の方向に動くことが多いです。

短期トレードを行う場合も、ベースにはこの動きがある事を頭に入れておいてエントリー及びイグジットを行っています。

 

・雇用統計や中央銀行の発表、また大きな指標

→瞬間的に50pips以上の大きな動きを作り出す可能性があるため、長期トレード以外では一旦ポジションを手じまいしておくことが多いです。

一旦大きく動いた後は上記の大きな流れに従って動いたり、場合によっては流れが変わる事もあるため、状況に応じてエントリーを狙います。

 

・小さな指標・要人発言

→普段はさほど気にならない程度の動きですが、他に材料がない時は注意が必要な材料です。

大きな相場の流れを作るほどの力はないのですが、思わぬ損失を被る可能性があるため、スケジュールは必ずチェックするようにしておきましょう。

 

 

最後に

まずはじっくりニュースを眺め、どの程度重要な内容なのかをじっくり精査するようにしてみましょう。

また翻訳されたニュースだと現地の空気感がイマイチ伝わってこない事もあるため、重要なニュースの場合は翻訳前のニュースも調べてみましょう。

わかったことは投資ノートにまとめ、いつでも参照できるようにしておくと、今後の投資効率がよくなります。

是非頑張りましょう。



FX口座取引高、世界ナンバー1のGMOクリック証券。





管理人オススメニュース!: