okane














1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

フリーランスという働き方が注目されています。特定の企業に属さず、自らの専門スキルを武器に、独立した立場で働くスタイルです。WEBやアプリ制作などのIT分野をはじめ、デザイン、映像、音楽、翻訳、文書作成など、さまざまなサービス業務が対象となります。


近年、インターネット上で仕事の発注側と受注側をつなぐ「クラウドソーシング仲介サイト」の発達が、フリーランスの活動を手助けするようになりまし た。ランサーズ、クラウドワークス、CROWD(リアルワールド)といった専業ベンチャーから、Yahoo!クラウドソーシング(ヤフー)、 Job-Hub(パソナグループ)といった大手企業まで参入しています。一昔前であれば、知人からの紹介や直接営業に頼っていた仕事獲得の手段が、一気に 拡大したのです。


(中略:企業のコスト削減が出来る云々の話)

では一方、働く側として、フリーランスという生き方を選択することを考えてみましょう。

フリーランスに対して行われた、いくつかの調査結果があります。

2015年4月に発表された、中小企業庁の「中小企業白書・小規模企業白書」によると、「仕事の自由度や裁量の高さ」「やりがい」「生活との両立」に対する満足度が高い反面、「収入」「社会的評価」に対する満足度が低い傾向となっています。収入が不安定で、医療保険や年金などの社会保障、健康面への不安が強く出ています。


また、ライフネット生命保険が2014年に行った調査でも、「好きなことが仕事にできる」「時間や服装が自由」というメリットを感じる半面、「収入の不安定さ」「病気やケガの保障の少なさ」「仕事を失うリスク」を不安視しており、同様の意識傾向となっています。「ローンやカードの審査が通りにくい」「人生設計が立てづらい」といった切実な心配も挙げられています。

「フリーランスなのだから、そんなの当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、次のような調査もあります。

Crevo(旧社名:PurpleCow)が2013年に、国内外のデザイナーに対して行ったアンケートによると、日本ではクラウドソーシングでの報酬が国内平均賃金の1/3程度であるのに対して、インドネシアでは逆に3.5倍にもなるというのです。発注元の多くは欧米など先進国であるのに対して、新興国の人が受注した場合、「先進国基準での報酬」を得られれば、このような結果となります。

世界的に見れば、「フリーランスの収入は低い」というのは、常識とは言えないのです。

しかし、ここは日本です。デザインや写真のように言葉の壁が低い分野については、新興国など海外勢との競争となり、より低価格化が進むかもしれません。仲介サイトによって、受注のチャンスは広がりますが、一度ネット上での評判を落としてしまうと、仕事が回ってこなくなる可能性もあります。

オススメは「副業」「主婦」「学生」

 ランサーズが今年発表した調査では、広義のフリーランスを「副業系すきまワーカー(常時雇用者の副業)」「複業系パラレルワーカー(複数企業との契 約による就業)」「自由業系フリーワーカー(勤務先に属さない独立者)」「自営業系独立オーナー(個人事業主、1人法人経営者など)」という4タイプに区分しています。

私は、フリーランスにチャレンジするなら、「副業系」もしくは「自由業系の中の主婦や学生」の方々に、おススメしたいと思います。これらの人たちは、完全にはフリーランスとは言えませんので、“部分的フリーランス”ということになるでしょうか。


 いきなり会社を辞めてしまうのではなく、まずは副業として。しかし、これには勤務先企業のルールをクリアしなければなりません。多くの会社では、就 業規則などで「副業禁止」が謳われているからです。しかし、この規則は、「副業することによって、競合他社への情報漏えいや疲労などにより本業に支障が出 る」ことを防ぐことが主な目的でした。ところが、多くの企業は、終身雇用や年功賃金は崩れ、就業以外の時間まで社員を縛り付けるだけの見返りを提供できな くなってきています。また、ネット社会になり、個人ブログからのアフィリエイトやネットオークションを使った売買収入など、副業としての定義や補足があい まいなものも増えてきました。そのため、将来的には副業禁止という発想自体が薄れていくと考えられます。

とはいえ、現時点では、できれば会社に許可を得た上で、本業に支障の出ない範囲で行うのがよいでしょう

 (後略) 


 記事全文は本家サイトでどうぞ:http://president.jp/articles/-/15328



2: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

yaranaiourouro














 これには管理人も同意かな。

 最近2chを眺めていると、『フリーランスで生きていくにはどうしたらいいか?』といった質問がよく見受けられるようになった。それだけフリーランスという生き方がメジャーになったと言う事だろう。

 ただ、フリーで生きていくというのは今まで会社がやってくれていた内容を全部自分で受け持つ事になる。

 失敗すれば○○には依頼したくないという烙印も押されるし、その情報はほぼ消えることはない。

 相当実力があるのであれば本業としてもいいかもしれないが、最初は副業として始める事をオススメだろ。


 一応こっそりやってても(マイナンバーでどうなるかはわからないが)会社には滅多にばれないから大丈夫だと思うだろ。(推奨しているわけではないので注意してほしいだろ。許可が取れるなら取ったほうがいい。後税金の申告はちゃんとするだろ。)



コメント作成:稼げるまとめ速報管理人

引用URL:http://president.jp/articles/-/15328





2: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

009






 やる夫も本業が終わった後副業をやっているけれど(許可済み)、正直仕事がない月は本当に何もないんだおね。。。
 ネットで募集すれば、もっと様々なジャンルの案件があると思うけれど、それをこなすためには何でもできないといけないんじゃないかなーと思うお。

 無理のない範囲で、本業はしっかりもってチャレンジするのをオススメしますお!
 目標は昔広告にもあったとおり、副業でも○十万円!みたいなのを狙いたいおねー。

 (中々そんなにうまくて安定した案件はないけれどだお。)