692341df8246322321d5325821f327e74af4d0de1382698977












1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 私が勤めていた頃のワタミでは、サービス残業が当たり前の文化でした。それが多くなると、当然給料に響くようになります。さらに正社員ということで、社会保険やら厚生年金やら諸経費が引かれると、手取りがアルバイト従業員より少なくなるのです。

もちろん、アルバイト全員より下回るというわけではありませんが、週5~6日、1日8時間超が基本の主力アルバイト従業員には、ふつうに手取りで負けていました。天引きの関係上、仕方ないことかもしれませんが、店の人件費を無理に抑制させられる「ノーコン」の関係もあるので、内心は穏やかではありませんでした。(文:ナイン)



記事全文はこちら:http://news.nicovideo.jp/watch/nw1259943


引用URL:http://news.nicovideo.jp/watch/nw1259943



ファミレスでもタイムカードを切ってから「タダ働き」

この話をいつものように、ファミレスに勤めていた友人に話すと、やはりその店でも社員にしわ寄せが行っていたそうです。

    「ウチはさすがにバイトを下回ることまでなかったけど、確かに同じくらいにはなるときがあったな。『待機ラスト』ってのもあったし…」

友人の勤めていたファミレスでは、社員はタイムカードを切って控室で「待機」し、店が忙しくなると呼び出されて無給で働かされていました。それだけでも悪質なサービス残業ですが、問題はそれだけではなかったのです。

    「深夜の給料と残業代って、賃金が割増しになるでしょ? それがあるから社員のシフトを組む時は、シフト上は8時間労働にするのさ。でも実際は、開店から閉店までが基本で、タイムカードをつけていいのはマックス8時間。午後の10時に仕事を一度あがって、閉店の2時まで待機し、閉店作業することもあったよ」

時間外労働と22時以降の深夜労働は、ともに賃金が25%割増しになります。それを避けるために、待機状態のまま「ラスト(閉店)」まで働くことが横行していたなんて…。これには私も絶句しました。なかなかあくどいことをするなと。さらに彼は、こんなことも言っておりました。

    「ウチは売上には厳しく言われなかったけど、生産性には厳しかったよ。人を使いすぎると上司がうるさいからね」

会社を儲けさせるために現場が「辻褄あわせ」

外食チェーンでいう「生産性」とは、要するに店の売上に対して使っていい人件費のこと。低い売上で多くの従業員を使うと利益を圧迫するため、売上と同じくらい重要なものです。

つまり会社や経営者が儲けるために、現場で違法な「辻褄あわせ」を強要されているわけです。「サービス残業」が基本で、手取りがアルバイト以下。さらに社員だからといって、責任も重い。こんな職場じゃ、どうしても魅力に欠けます。

    「最近の若いモンは、つらい仕事をやりたがらない」

という声も聞かれますが、こんな状況だと「そりゃそうだろ」と思います。

2: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

005
 ・・・ちょ、こんなことまであるのかお?


 ブラックってここまで酷いものなのかお?





3: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


002 いやー・・・、従業員数人の会社ならこういうブラックも知ってるけれど・・・。


 いや、ちょっとこれは管理人ワタミをなめてたわ。


 この会社はまごうことなきブラックですわ。


 少ない給料で自費でお酒持ってきて客に振舞って、ありがとうを集めるお仕事をする・・・か。。。


 うん、ちょっとまねできないだろ。