稼げるまとめ速報

お小遣い・副業・節約から貯金まで!お金を稼ぐための情報まとめサイト! おーぷん2ch、2ch.scから面白い記事を厳選しました!!

    稼げるまとめ速報 掲示板開設のお知らせ
    【稼げるまとめ速報 掲示板 入口】 Last update 2015/12/29

    仮想通貨を購入する前に
    仮想通貨関連記事をまとめました

    現在運営しているサイト:(微妙なアドレス違いに注意して下さい)
    稼げるまとめ速報:http://kasegeru.blog.jp/
    嫁げるまとめ速報:http://totsugeru.blog.jp/
    かせまと:http://kasemato.com/
    FX初心者 生き残りの知識:http://fx-first.net/

    1: 稼げる名無しさん 2018/09/22(土)04:17:20 ID:fk2
    羨ましいわ

    2: 稼げる名無しさん 2018/09/22(土)04:18:08 ID:nvF
    これもうある種の才能やと思う

    5: 稼げる名無しさん 2018/09/22(土)04:21:26 ID:fk2
    >>2
    それな
    努力できる奴って勝組やわ
    負組は努力することすら許されへんのやで

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


     毎日コツコツ努力なんて簡単だお。
     どんなにつらい時でも、それだけは絶対やると心に決めておけば継続できるお!
    yaruo_unnunn


    【毎日コツコツ努力できる奴って凄いよな】の続きを読む

    1: 稼げる名無しさん 2018/09/24(月) 06:26:34.81
    トランプ政権 対中国 2000億ドル制裁関税 発動へ
    2018年9月24日 5時50分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180924/k10011641831000.html


    アメリカのトランプ政権は、中国からの2000億ドルの輸入品に関税を上乗せするこれまでで最大の制裁措置を日本時間の24日午後1時すぎに発動します。中国も同時に報復措置を実施する方針で、米中の報復の応酬は歯止めがかからない状況になっています。
    トランプ政権は、中国がアメリカの知的財産権を侵害しているとして日本時間の24日午後1時すぎ、2000億ドルの輸入品に10%の関税を上乗せするこれまでで最大の制裁措置を発動することにしています。

    対象には飲食料品や電器製品などアメリカの消費者の生活に身近な製品も含まれ、これまでの措置と合わせて中国からの輸入品のほぼ半分が制裁の対象になります。

    一方、中国も同時にアメリカからの600億ドルの輸入品に関税をかける報復措置を実施する方針で、中国はアメリカからの輸入品の70%以上に関税を上乗せすることになります。

    トランプ大統領は、さらに「アメリカの農家や労働者に対し中国が報復措置をとるなら、追加で2670億ドルの制裁措置を実行する」と述べ、次は中国からのほぼすべての輸入品を制裁の対象にする構えです。

    先週、ニューヨーク株式市場では株価が最高値を更新するなど、トランプ大統領は、アメリカ経済は好調だと中国への制裁に強気の姿勢を崩さず報復の応酬に歯止めがかからない状況になっています。

    米中が話し合いで歩み寄ることも難しくなっていて、両国の貿易をめぐる対立は激しくなる一方です。

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


     ついこないだは対話を歓迎する的な事を言っていたのに・・・。
     やっぱりどちらも引っ込みがつかない感じかお?
     ちなみにドル円、ユロ円、ポン円などは少し円高方向に窓を開けたスタートとなったけれど、現は窓は埋まったようだお。
    yaruo_ase


    【トランプ政権 対中国 2000億ドル制裁関税 日本時間の24日午後1時すぎに発動】の続きを読む

    amazon









    1: 稼げる名無しさん 2018/09/21(金) 03:59:27.71
    各国でネット通販のシェアを握っているアマゾンですが、アメリカの社員らがネットショップから賄賂を受け取ってネガティブなレビューを削除していたことが明るみになりました。
    レビューに対する信頼が根底から崩れるのではないかと注目を集めています。
    この事実を報じたのは、コンピューター関連のWEBサイト「ヴェルジェ」。

    アマゾン社内に詐欺集団が存在し、ネットショップから金銭(300ドル)を受け取ることを引き換えに否定的なレビュー削除、他にもレビュアーのメールアドレスや(競合に有利になる)販売情報を渡すなどの便宜を図っていたとのこと。
    かねてからレビューの信頼性が取りざたされてきましたが、アマゾン側の対応が注目されます。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15324110/

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


     最近、0円転売の話題もいたるところで聞かれるし、Amazonのレビューの信頼性がどんどん低下しているような気がするお。


    nn
    そのあたりはまだ対策も色々あるかもしれないが、社内の人がこういうのをやってるのはマズイよなぁ。
    最近トップレビューソートも変に操作されてるのか、全然参考にならない事がある。
    昔の「何人中」何人が参考になったとかの表示も戻して欲しいよな。



    【Amazon社員がネットショップから金銭を受け取り、都合の悪いレビューを削除していた不正が判明】の続きを読む

    card













    1: 稼げる名無しさん 2018/09/23(日) 22:27:55.92
    キャッシュレス生活にすれば2.7倍貯金ができる?
    クレジットカード会社の大手であるJCBの調査では、クレカや電子マネーでキャッシュレス生活にしている人のほうが2.7倍貯金できているそうです。それって本当でしょうか

    ■キャッシュレスにする人は貯金ができる?
    クレジットカード会社の大手であるJCBの調査によれば、「キャッシュレス派」と「現金派」のあいだには、なんと貯金のペースは2.7倍もの差があったそうです。男性の場合、キャッシュレス派年105.3万円、現金派36.1万円の貯金額であったので2.9倍、女性の場合、キャッシュレス派年68.0万円、現金派29.5万円の貯金額であったので、2.3倍となったそうです。

    ここでいうキャッシュレスについては、自分でそう思うかが定義なのですが、おおむね「クレジットカードを使う」「電子マネーを使う」「(銀行口座から直接引き落とす)デビットカードを使う」が、その選択肢となっているようです。

    貯金のペースが違うということは、長い目で見て貯まる金額もまったく違うものになりますが、「クレカ」か「現金」か、あるいは「電子マネー」か「現金」かで、どうしてそこまで貯蓄金額が変わってくるのでしょうか。

    ■単純にクレカを使えばお金が貯まるわけではない
    このデータの提供元はクレジットカード会社です。しかしクレカ会社の調査だからといって、現金をやめてクレカや電子マネーを使えばお金が貯まるという調査結果をウソやCMに違いないと決めつけてかかるのももったいない話です。

    確かに、安易な電子マネー、クレジットカードの利用は、「使いすぎ」の恐れもありますので要注意です。クレジットカードは高額決済に、電子マネーは少額決済に使われがちなのですが、実際に財布からコインやお札を出して誰かに渡す、という感覚が生じないので、「お金を使った感じ」を得ない消費になります。

    「財布が軽くなった」とよく言いますが、その物理的な違いが感覚的に節約を促す効果はゼロではありません。1万円札が9000円に崩れたとき、「今使った」という感覚を持つことも、やはり節約を自分に印象づけたりするものです。

    電子マネーやクレカを使えば誰でもお金が貯まるというのは早計に思います。では、それでも調査結果で違いが出るのはなぜでしょうか。

    ■家計を「見える化」する意識の違いに貯蓄率の差が出る
    面白いのは別の設問に違いがあることです。キャッシュレス派と現金派のあいだで「お金の管理は得意か」とする設問に大きな差が出ています。キャッシュレス派では54.8%が自信ありとしたところ、現金派は39.7%と低くなっていたそうです。

    確かにキャッシュレス派になるためには、電子マネーやデビットカードの仕組みを知ったり、活用法を考える必要があります。また、最初の手続きをする必要があっても、それを乗り越えるだけの意識もあるわけです。こうした人はおそらく、家計簿アプリを使いこなして家計を把握し節約にチャレンジしたり、複数の銀行口座を意識的に使い分けてATM手数料を絶対に払わないよう工夫をしたりしていると思われます。

    これに対して現金派というのは言い換えれば「何もしていない」でもあるわけで、両者のお金を管理し貯める意識にも違いが出てきた、と言えるのではないでしょうか。

    ■まずは「お得」感覚で電子マネーやプリペイドカードから始めてみよう
    実のところ、もはや「現金」が一番割高な買い物方法です。なぜならクレジットカード決済には0.5%以上のポイント還元がありますし、電子マネーも0.5~1.0%相当のポイント還元があります。またプリペイドカードを使ってタリーズやエクセルシオールカフェなどで決済すると、チャージのときにポイント付与があったり、利用時に割引があったり、利用時にポイントが貯まったりします。

    この春からは本格的にモノの値段が値上がりするかもしれません。単純な「お得」感覚から電子マネーを使うようにしてみて、結果として家計を把握するような流れが生まれ、節約が実現したら、これは何倍にもお得なことになります。

    キャッシュレスのファミレスがオープンしていたり、世の中の流れは現金よりキャッシュレスにあります。どうせいつかは、完全キャッシュレス時代に突入するわけですから、早めにキャッシュレスを試してみてはどうでしょうか。2.7倍とはいかずとも、貯金額が今より増えるかもしれません。
    (文:山崎 俊輔(マネーガイド))


    2018年09月22日 20時30分 All About
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12101-32108/

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

    JCB調査・・・。
    ここでもたまにクレカのアフィリエイトやってるけれど、個人的に使い過ぎちゃう人は持たないほうがいいと思うお。
    光熱費+通信費を支払うためだけに取得して、あとは放置するとかならポイント&特典で美味しいからやってもいいと思うけれど。
    kekkyoku
     借金癖がある人は辞めたほうがいいよな。 
     リボ払いとかやりだすと泥沼化するし。



    【キャッシュレス生活にすれば2.7倍貯金ができる? JCB調査】の続きを読む

    1: 稼げる名無しさん 2018/09/23(日) 19:13:22.20
     中国の米国債保有額、6カ月ぶりの低水準、報復の一環との見方も

    米国のトランプ政権は17日遅く、計画通り2000億ドル規模の中国製品に追加関税を賦課することを発表した。関税率は10%でスタート。来年には25%に引き上げられる。
    警戒されていた通り、中国政府も報復として米国の600ドル規模の製品に5−10%の関税を課すと発表。
    トランプ大統領は、「中国の報復関税が農業品や産業品に課された場合、さらに2580憶ドル規模の中国商品に25%の追加関税を発動する」と、全中国品に追加関税を課す強気の構えを見せた。

    ウォールストリートジャーナル紙によると、米国政府による追加関税発表を受け、米中貿易協議において中国は当初予定していた劉鶴福首相率いるハイレベルの代表団ではなく、次官級レベルの代表団を送ることを検討しているという。そうなった場合、貿易摩擦問題の解決がさらに遠のくことになる。

    ロス米商務長官は、「新たな関税は中国の慣行を修正、米国企業の環境を公平にする」とし、「中国は、報復の手段が底を打った」とトランプ米大統領と同様に強きの姿勢を示した。トランプ大統領は中国がいずれ協定で合意することになると、楽観視している。

    中国のレバレッジは、米国に比べ低い。報復の手段としては、人民元の切り下げや、米国債の購入を控えることなどが考えられる。

    米国の財務省が18日に発表した最新7月の対米証券投資収支によると、中国の米国債保有額は77億ドル減少し1.17兆ドルと、6カ月ぶりの低水準となった。
    一方、日本の米国債保有額は51億ドル増加し、1.04兆ドルとなった。外国人投資家による米国債保有率は41.44%。前年同月の44.31%から低下した。

    外国人投資家による米国債購入が控えられることは、長期債利回りの上昇にもつながり、長短利回り曲線の平坦化の改善にもつながる。

    NYの視点:中国の米国債保有額、6カ月ぶりの低水準、報復の一環との見方も | ロイター
    https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20180919_00120180918

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku


    報復の一環って言われてるけれど、額が微妙すぎて報復感があまりないお。
    というかほんとに中国が打つ手なくなったんじゃ・・・。
    yaruo_asehanashi
     割と冗談じゃなくその可能性あるよな。
     米国債売りは「マジか」と思ったぞ。


    【中国、もう本当に打つ手がない模様・・・。米国債77億ドル売却】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング